情報

自分の価値観を押し付けてくる人間とは秒で縁を切れ!

職場の上司がいつも自分の考えを押し付けくるので疲れる...

「自分の職場の上司が自分の考え/価値観ばかり押し付けてくるのでガチで困っている...」

 

こんなお悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

・価値観を押し付けてくる人間の特徴

・他人と合わせないという生き方

・サラリーマンは奴隷である

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は商社で営業をしていて、普段会社で自分の考えや価値観をこれでもかと押し付けてくる上司がいますが、そういった人間とは出来る限り関わらないようにしています。

こういう人間は自分の考え方が部下などにも当てはまるだろうと勝手な思い込みをしているので、そういった人間に付ける薬は無く、なるべく距離をおくようにするのが一番いいだろうと考えています。

 

あなたの職場にもそういった上司がいる場合の対処法についても、書いていきたいと思います。

 

価値観を押し付けてくる人間の特徴

 

自分の価値観を押し付けてくる人間は今までの人生において非常に狭い視野でしか生きてこなかった人が多い傾向にあります。

狭い視野でしか生きてこなかったので、自分の理解が及ばないような世界については知ろうという姿勢さえ見せません。

世の中は本当に色んな生き方があり、他人の人生の送り方や価値観について何かと文句を付けてくるような人間は本当に厄介なモノです。

 

どこの会社にも、他人の人生に変に付け入ってくるようなタイプの人が絶対におり、そういう人は自分の考え方や価値観を他人に押し付けて自分の考え方が正しいことを証明したがったり、認められたがったりします。

人生で疲れた時の対処法

 

私はこれまでの人生でそういった価値観押し付けタイプの人間を嫌というほど目にしてきましたし、そういった人間と関わるのはとても自分の精神を削られますので本当に近寄りたくないです。

 

わたしは自由をこよなく愛するので、とにかく自分の考え方を全面に主張してくる人や短気な人、相手の気持ちを考えないような人とは合わないので会社にいてもなるべく距離を置くようにしており、距離を置くことで大分ストレスが減ったようにも感じます。

ただサラリーマンである以上、絶対に誰かと関わることは避けられませんし人間関係の悩みは尽きないでしょう。

サラリーマン向いていない人、なりたくない人の為の人生相談

 

ではサラリーマンをやりながら、どうやって自分とは合わない人間とともに仕事をしていくのか解説していきたいと思います。

 

他人と合わせないという生き方

 

サラリーマンで人間関係に悩まされている人は、第一に考えるべきは他人と合わせない生き方をひたすらに突き進むことです。

他人と合わせないというのは、例えば会社では必要最小限の仕事の会話のみに留めそれ以上深くは関わらないようにすることや、

なるべく自分一人で黙々と作業をするようにして、他の人とコミュニケーションをなるべく取らないようにすることです。

 

こんな事を言うと「えっ、会社にいるのに他の人と会話を避けることなんて出来るの? ぼっちになるんじゃない?」

こんな声が聞こえてきそうですが、私が今の商社で働いて約5年くらい経ちますが、孤独な社員ほど自由に好きなようにやっている印象を受けます。

あなたの人生において成功には友達が不要です。【友達不要論】

 

孤独な社員の人って自分の好きなように人生を謳歌していることが多く、他人とあまり関わらないので余計なストレスを溜め込む必要もありません。

サラリーマンという生き物である以上、一番必要なスキルはストレス耐性だと思いますが、一人が好きな人ほどやはりストレス耐性も高いですし、仕事を楽しんでいる印象を受ける事がよくあります。

 

反対にいつも誰かと関わっている人は、それだけコミュニケーションや会話、その人との関係性に気を使わなければいけないので仕事においてよけいなエネルギー、時間を消費してしまいがちです。

 

これは一つのテクニックでもありますが、あからさまにあなたと関わりたくないですよというアピールをするのも一つの手段です。

私は会社で、嫌な上司などに対してはストレートに関わりたくないアピールをしますので、これが相手に伝わり向こうもそれ以上は関わってこなくなったりしますので割と使えるテクニックであります。

正直な話、あなたが会社で孤立しても誰も気にしてなんか無いでしょう。

人間自分の生活や家庭が一番大事なので、他人の生き方にまで気を使っている人なんてほぼほぼいなのです。

コミュニケーションって一体何なのか?【人間関係で悩むあなたへ】

 

ただ暇人な人が自分の時間を潰したり、ストレスを解消したりする目的で言いやすいターゲットを見つけて言いたい放題言ったり、自分が一番だという事を証明するために他者を攻撃したりするのです。

こういった人間には徹底的に無視を貫くようにしましょう、出来る限り顔を合わせないようにして必要最小限の会話のやり取りなどに留めるように普段から意識するのです。

 

サラリーマンは奴隷である

 

今のサラリーマン生活で何で自分はこんなにストレスを抱えながら生きていかなければならないのか悩んでいる方は、まずはサラリーマンとは奴隷であると認識しましょう。

資本主義において、雇用される側の従業員は雇用主に対して何の文句も言う事はできません。

言わるがままに職務を全うせねばならず、どんなに理不尽なことを言われようが我慢して耐えなければならないのです。

 

これは厳しい現実ですが、我々雇用される側のサラリーマンは自分の労働力、時間を提供してその対価としてお金を貰い生きていくことができるのです。

しかも会社から与えられた仕事をやっておくだけで毎月の給料が入ってくるので、あなたは自分で新しい事業を起こしたり、何か新しいアイディアを考えてビジネスをやる必要が無いのです。

サラリーマンだと永久に金持ちになれない件

 

組織の歯車になるということがサラリーマンの使命です。

会社から言われたことだけをひたすらにやり続けることが、奴隷である我々の役目なのです。

 

しかしこの雇われ身である以上、あなたは人生において貴重な時間や、自由を失う事に繋がります。

もし自分でビジネスをやっていれば、自分の好きなように生きていく事ができかつ誰にも文句を言われない生活を送ることができます。

 

ビジネスは誰にでもできるものではありませんが、誰もが挑戦できるものでもあります。

例えば、サラリーマンとして働きながら副業を始めてみるのはとても賢い選択であると言えるでしょう。

もしあなたの副業で稼げなくても、サラリーマンとしての給料が入ってきますし、副業の収入が本業を超えるようになればあなたには本業をリタイアするという選択肢も見えてきます。

 

世の中の会社員の方々は必ずといっていいほどに、職場での人間関係の問題を抱えていると思いますが、それを解決できるたった一つの方法としても副業で稼いでいくというのがやはり賢いやり方です。

私は当ブログサイトを運営して、いずれ本業の収入を上回る稼ぎを達成することが一番の目標として日々記事を書き続けていますが、これだけ毎日記事を書き続けられるのはこの副業に全てを賭けているからだとも言い切れます。

ブログで月収20万円は、MARCHに合格するより簡単です

 

このブログを運営していると不思議と自分に自信が生まれてきますし、最悪本業でクビになってもこのブログをここまで継続してきたんだという自信が自分の人生においてパワーの源になり、また第二の人生を歩むことになっても大丈夫だろうという気持ちが芽生えてきます。

 

多くの人々は会社に100%依存する人生を送っている為、会社で上手くいかなくなると鬱になったり、心の病にかかったりしてしまいますが、私はこのブログという全力で打ち込めるものがあるおかげで、自分への自信があるためなにが起きても大丈夫だと腹をくくることができるんだと思います。

Follow me!

-情報

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5