ブログ

1記事でも10万人を魅了する文章が書けるようになるライティング術

ブログ運営などのWebマーケティングの世界では、ライティング次第で集客できるかどうかが決まります。

 

例えば、Webサイトでもブログでどれだけアクセスを集めれられるか、ランディングページで成約に結び付けられるか、はたまたメルマガで見込み客をリピーターに変えられるかなど全てがライティングスキル次第となっています。

 

今回の記事では、初心者の方でも「読まれるライティング術」を身に付けられるような内容になっています。

 

成功しているほとんどのブロガーの方たちは、皆しっかりとこのライティング術を身に付けているのでブログで成功したいあなたもこの技術を身に付けて貰えればと思っています。

 


本記事の内容

 

・Webライティングの基本的な文章構成
・タイトルと書き出しについて
・本文のパート【コンテンツ部分】
・本文の終盤パート【クロージング】

 


Webライティングの基本的な文章構成



雑誌、書籍などの紙媒体と比較して、ブログやWebサイトなどのWeb媒体は同じ文章が書かれているとしてもWebにはそれに対応した文章構成が求められます。

 

結論を言ってしまえば、ブログやWebサイトなどでは下記のように

 

1. タイトルと書き出し部分
2. 本文のパート【コンテンツ部分】
3. 本文の終盤パート【クロージング】



の3つのパートに分けて考えて作っていく必要があります。

 

Webライティングの基本的な構成として

 

記事タイトル トップパート
書き出し 読者の興味を惹きつけて、記事の滞在時間を上げる
小見出し  
コンテンツ部分  
小見出し 中間パート
コンテンツ部分 本文の部分で、質の高い記事を心がける
小見出し  
コンテンツ部分  
まとめ 最終パート
まとめ文章 最後の部分なので、最後に伝えたい内容を書く

 

 

この構成は初めての人には、違和感を感じてしまうかもしれないです。


Web向けのライティングは、文章力よりもコピーライティングのスキルが遥かに重要です。


文章術とコピーの違いについて下記の記します。


・文章術=人を魅了する文章を書く
・コピーライティング=いかに読者の興味を惹き付けて、読んで貰えるか?

 


☆文章とコピーライティングの明確な違い

 

この2つの違いを理解するには、雑誌や書籍などの文章力が必要になる「紙媒体」と、ブログやWebサイトなどのコピーライティングが必要になる「Web媒体」の違いを認識しておかなければなりません。


2つの違いは下記のようになります。

 

・紙媒体を読むきっかけ:自分でお金を払い読む
・Web媒体を読むきっかけ:たまたま見つけて読む

 

紙媒体は、ほとんどのケースで自分でお金を掛けて購入してから読むことになるので、元を取ろうとし最後までじっくり読む傾向にあります。

 

反対にWeb媒体などは、読むきっかけとしては「Googleなどの検索エンジンでたまたま見つけて」が理由だったり、「SNSなどで拡散されていた記事をたまたま見つけ興味を持った」などと偶発的に読むケースが圧倒的に多いのです。

 

要は、紙媒体に比べると元々読むつもりでは無かったので、読もうとする意識がそもそも論で低いことが挙げられます。

 

なので、ブログの記事やWebサイトのコンテンツにおいてのライティングでは、「いかに記事の質を上げるか?」だけでなく、「より多くの人の目に止まるような工夫」、「途中で離脱しないように出来る限り記事を読んでもらう」といった事にも力を入れていかなければなりません。

 

それでは、順番に各パートごとの役割を解説していきますので、じっくり読んでいただければと思います。

 



 


タイトルと書き出し部分


Webにおいてのライティングの記事の最初にあたる部分は、以下の2つです。

 

・記事タイトル
・書き出し

 

この2つのパーツをいかに上手く書いていくかで、「どれだけ多くの人にブログ記事やWebサイトのコンテンツに関心を持って貰えるか?」また、「どれほどの人に記事を最後まで読んで貰えるか?」が決まってきます。

 

では順に解説していきます。

 


①:絶対に読みたくなる記事タイトルの王道ルール


Webライティングにおいての最重要項目はタイトルとなります。

なぜなら、およそ8割の人がタイトルで判断して、読む行動に移るかどうか決めるからです。

 

Webにおいて、ブログ記事が読まれるケースは大方下記のパターンが多いです。

 

1. 検索エンジンで検索した際に、記事のタイトルが気になった。

2. SNSなどで、知人が記事を拡散/シェアしており、その記事のタイトルに目が止まった。

3. 情報収集している際に、ニュースなどの情報アプリで、興味のある記事タイトルを見つけた。

 

 


すべて、「たまたま偶然に見つけた」という事実を認識してください。

 

要するに、ブログ記事やサイトコンテンツのタイトルは目に止まった際に、読者の「興味」を一気に惹き付ける必要があるのです。

 

また人間の読みたい「欲」を駆り立てる記事タイトルは、以下のパターンが考えられます。

 

 

1. 「特」であると思われる:これが読者の心に訴えかけるには一番安定して効果を発揮します。『今日から改善できる腰痛の正しい治し方』『自分の集中力を最大まで高める方法』など、相手の状況を考えてベネフィットを訴求していきます。


2. 「新しい」という事が伝わる:ニュースなど、最新の情報などは読者の関心を掴みやすいです。
例えば、『新発売!Appleがリリースする最新のIphoneとその機能』など。


3. 「好奇心」を駆り立てる:好奇心を駆り立てるような、タイトルも割とおすすめです。『Fランの自分でも身に付けられた、月収100万を超えられるプログラミングスキルの習得術』

 

 


もしあなたが、タイトルを決める際には、上記の3つのパターンから考えて創り出すと良いでしょう。

 

 


②:記事の滞在時間を上げる書き出しの作成術

 

書き出しの文章は、記事の滞在時間を決定するほどに重要な部分です。なぜなら、記事タイトルで興味を持った読者は、最初の導入文もチェックするからです。

 

これに従い、続きが気になるような導入文さえ書くことができれば、記事の滞在時間を大幅に上げることができるのです。


記事の書き出しを書く際には、下記のやり方を参考にしてください。

 

 

1. 問題提起:読者の悩みや問題を問いかける。例えば、「Webサイトの集客に伸び悩んでいませんか?」「何度整体に通っても、腰痛が改善できずに困っていませんか?」など。

それらの理由としては、「SEO対策が間違っていますよ」「腰痛の原因をそもそも把握していますか?」と問いかけます。そこで、読者が「なるほど、そうだったのか!」という共感を得ることを考えましょう。


2. 結果の明示:あなたの記事を読むことで得られるメリットを伝える。例えば、「収益化用ページの商品成約率を○○%改善できます。」「腰痛の原因ランキング1位は何とこれが原因だったのです!」など。

なぜこの記事を読む必要があるのか、読者にその理由を明示してあげるのです。


3. 結果の根拠:2で示した結果を出せる根拠の提示。例えば、「実際に私も、この腰痛改善法を実践したら1ヶ月で劇的に腰痛が収まりました」「このトレーニング方法を3ヶ月継続したら、垂直飛びが30cmアップしました。」など。説得力を付ける為に数字を入れて具体的に説明しましょう。

 

 


このような書き出しがあれば、「自分もやってみようかな?」と思い、「この記事をもう少しちゃんと理解しよう!」という気になっていくのです。

 

これが、Webの記事で読まれるライティングの基本的な型となります。

とりあえず最低限押さえておいてください。

 

 


本文のパート【コンテンツ部分】


さてそれでは、本文の一番メインパートである部分です。あなたの記事で伝えたい点を伝えていくパートになります。例えば、「記事タイトルのクリック率を4倍引き上げる5つの方法」という記事であれば、そのための具体策を書いていくパートになります。


そして、このコンテンツ内容次第で「どれくらい多くの人が、あなたの記事を拡散してくれるか?」「どれほど多くの人が、商品、サービスの成約をしてくれるか?」など決まってきます。

 


本当に多くの人に役に立つ内容であれば、書き手の専門知識や能力が分かり、「プロフェッショナル」という認識が自然にされるようになっていきます。


また本文のパートは以下のように構成されます。

 

①:小見出し
②:本文


一つずつ見ていきましょう。

 

①:小見出し:Web上の読者の目を釘付けにするテクニック


小見出しを多用していくことで、記事の読みやすさがまるで違ってきます。以下を参照してください。

 

●小見出しを効果的に使用するパターン

 

ビジネス英語を習得するための2つの方法


現代では、企業がグローバルな舞台で生き残るには英語が必要不可欠です。
そのために、当然社内でもネイティブと互角に英会話できるほどの人材がいなければなりません。
この記事を読んでいるあなたは、英語を身に付けたいと考えていると思いますので、まずは2つの効果的な習得方法について解説していきます。

 

1:リスニングを暗唱する


英語のリスニングテープの音声を聞いてそのまま真似して暗唱する事は、英語学習においてとても効果的な方法です。

なぜなら、耳からの理解と口からのアウトプットを同時に行う事で脳への記憶の定着力が増すからです。
私も、リスニングテープを何度も暗唱して、高いレベルのスピーキング力を身に付けることができました。

 

2:文法を完全に身に付ける


英語学習ではやはり文法を身に付けないと、話になりません。
リスニングをするにしても、長文読解をするにしてもどんな文章であれ、確実に文法力が求められるからです。

文法を初期の段階に学習しておかないと、間違った英語で理解を進めてしまう危険性さえあるので、必ず初期の段階に英語の基礎はクリアしておきましょう。

 


●小見出しを使用せず、文章オンリーなパターン

 


現代では、企業がグローバルな舞台で生き残るには英語が必要不可欠です。
そのために、当然社内でもネイティブと互角に英会話できるほどの人材がいなければなりません。
この記事を読んでいるあなたは、英語を身に付けたいと考えていると思いますので、まずは2つの効果的な習得方法について解説していきます。

 


英語のリスニングテープの音声を聞いてそのまま真似して暗唱する事は、英語学習においてとても効果的な方法です。

なぜなら、耳からの理解と口からのアウトプットを同時に行う事で脳への記憶の定着力が増すからです。
私も、リスニングテープを何度も暗唱して、高いレベルのスピーキング力を身に付けることができました。

 

 


英語学習ではやはり文法を身に付けないと、話になりません。
リスニングをするにしても、長文読解をするにしてもどんな文章であれ、確実に文法力が求められるからです。

文法を初期の段階に学習しておかないと、間違った英語で理解を進めてしまう危険性さえあるので、必ず初期の段階に英語の基礎はクリアしておきましょう。

 


上記は全く同じ文章なのに、小見出しを使用する前者が読みやすいと感じるのではないでしょうか?


また魅力的な小見出しを使うことで、読者の興味を失うことなく最後まで読ませることができるようにもなります。

 

なので、小見出しは第二のタイトルでもありキャッチコピーが必要なのです。

 


小見出しは、読者の目を釘付けにするようなパンチの効いたコピーを入れるようにしましょう。

良いコピーは、記事の滞在時間を増やし、商品の成約率向上にも繋がります。

 



 

②:本文の文章を劇的に読みやすくする3つの特徴



次に、本文のパートになります。

ここの内容次第で、読者のアクションが決まってきます。


仮にコンテンツ内容の質が乏しいと、誰にも記事を拡散して貰えず、クロージングの一番重要な商品成約の部分でも結果を残せなくなるでしょう。


なので一番やるべき事は、本文をいかに分かりやすいものに作り上げるかです。


下記に読みやすい本文の特徴を挙げておきます。

 

 

・簡潔:必要最小限の文字数で記事の内容を伝えている。記事の主要テーマと関係の無い文章を長々と連ねても、それだけで読者は読むのに飽きてしまいます。

・具体性:説明事項を出来る限り具体的な言葉で伝えているということ。知識のある人しか分からない専門用語ばかりを連発したり、理解するのに時間のかかる文章だと離脱する人が増えていってしまいます。

・リズム:文章のそれぞれのまとまりがコンパクトにされている事。(最大でも5行まで) 長い文章が続けば、読む気持ちが無くなってしまいます。文章が書けたら、一度音読してスムーズに話せるかチェックしておきましょう。

 

上記を意識して本文を書けば、あなたの文章は劇的に読みやすくなるでしょう。

 

 


本文の終盤パート【クロージング】



記事の最後の部分である、終盤パートのクロージング部分は、あなたが読者に求めるアクションを訴求するパートになります。

 

ブログやWebサイトにおいて、読者にやって貰いたい行動はまとめると下記になります。

 

・SNSで拡散してもらう
・メルマガへの登録
・資料請求や商品の購入をしてもらう

 

ストレートに言えば、記事のクロージング部分ではこれらの行動を読者に取って貰うように、最大限その訴えかけをするパートになるのです。



クロージング部分では、

・まとめとクロージング文章
・CTA(コール・トゥ・アクション)


の2つに分かれます。順番に説明していきます。

 


①:まとめとクロージング文章


まとめの目的と言えば、記事の内容をまとめて再度伝え満足度を上げた状態で、CTA(コール・トゥ・アクション)に読者を流していくことです。

 

ここで注意しなければならない事は、まとめの文章が長くなると、CTAまで読者が行かなくなってしまうことです。

まとめの文章は15~20行以内にまとめた方が、CTAまで行く確率が上がります。

 

まとめを簡潔に書くには、私もよく使う下記の方法がおすすめです。


・箇条書き:記事の本分の部分を時折、箇条書きにしてまとめます。

・結果の再提示:その記事を再現することでどんなメリットがあるのか、再度提示する。

・箇条書きと結果の再提示を組み合わせる:この2つは余裕があれば、組み合わせても大丈夫です。

 

 


②:CTA:読者の反応を良くする


まとめの文章が書き終わったら、最後にCTA(コール・トゥ・アクション)を設置しておきましょう。

 

CTAには下記のようなモノがあります。

 

・メルマガリストの獲得:将来的に新規顧客を得るため
・SNSの拡散:Twitterのフォロワーを獲得するため

 

またCTAの反応率を上げるためには


・心を動かすキャッチコピーを使う
・読者の立場を考える
・ベネフィットの訴求
・人の目線がどういった流れで動くか考えて、記事の配置を考える
・CTAのボタンを目立つ箇所に設定する

 


まとめ


ここで紹介しているライティングの方法を再現すると、多くの人に記事が読んで貰えるようになり、読者の検索意図を満足させられるコンテンツが作れます。

最後に今回の記事内容をもう一度まとめます。

 

・タイトルと書き出しについて:読者の興味を掴み、滞在時間を増やすためのパート

・本文のパート【コンテンツ部分】:コンテンツの中心部分であり、読者の行動を左右する
 小見出し、読みやすい文章で作りましょう

・本文の終盤パート【クロージング】:自分の求める行動を読者に起こして貰うパート
 まとめ、CTAで作られる
 

 

 

Follow me!

-ブログ

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5