自己成長、一般教養など

東大、京大の出身者はなぜ外資系金融/コンサル、で活躍出来るのか?

東大や京大の人たちには絶対に勝てない...

「MARCHや早慶卒の自分がいくら頑張っても、東大、京大の人たちには歯が立たない。なんで外資系金融とかコンサルとかって東大、京大卒ばっかりなの?」

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事の内容

 

・東大、京大が外資系金融/コンサルに多い訳とは!?

・東大、京大卒の論理的思考力はズバ抜けている

・東大、京大の人たちには本当に勝てないのか?

 

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、商社の営業をしていますが、最近は大量の読書を継続しており今一番興味を持っている論理的思考力に関して記事を書きたいと思いました。

 

論理的思考力は社会に出て、困難な仕事、事象に遭遇した際に最も必要になってくるスキルでもあります。

また論理的思考力が高ければ高いほど、よりクリエイティブな仕事も出来るようになると私は確信しています。

 

今回の記事では、一般的に論理的思考力が最も高い学生たちである東大、京大の人たちにも言及していければと思います。

 


東大、京大が外資系金融/コンサルに多い訳とは!?

 

皆さんは就職ランキングは見たことあるでしょうか?

いつの時代もランキングトップに位置づけられるのは、ゴールドマン・サックス、マッキンゼー、ボストンコンサルティングといった超一流の外資系金融/コンサルなどです。

なぜこういった一流の外資には東大や京大卒の人たちが多いのか?

結論から申し上げますと、それは「論理的思考力の高さがあるから」と言っていいのではないでしょうか。

 

外資系金融やコンサルなどでは、サラリーマンの中でも最も高い知能レベルが必要とされるタスクや案件をこなすことが求められます。

解決困難な事象や問題事はちょっとやそっとの思考力では全く歯が立ちません。

 

その際に必要になってくる能力である、論理的思考力は難しい問題を紐解き、解決に導く道筋を描いてくれます。

では論理的思考力ってそもそもどうやったら高められるのでしょうか?

 

一般に論理的思考力の高い、東大、京大生たちはどんなやり方でその能力を向上させてきたか考察していきたいと思います。

↓(参考程度に古い記事を載せておきます)

社会に出た後は、学歴は関係あるのか??

 

まず東大や京大の学生達に見られる傾向としては、大量の本を読んできているという事です。

特に世界的な名著の古典などは、物事の本質を捉えて先人たちが乗り越えてきた苦難、困難を描いていることが多いです。

 

こういった古典や、小説、ベストセラー本などの大量の活字に触れてきた学生たちは、知らず知らずのうちに物事の本質を考えることに長けていき、例えば、国語の問題でこの筆者は何を言わんとしているかなど筆者の気持ち、考えなどを読み解くことに得意になっていると言えるでしょう。

それは数学の公式でも、「この問題が出たらあの時に使ったあの公式が使えるな」など問題に対しての解を見出す思考が出来るように、エリート達に共通する特有の思考回路は理解することができると思います。

 

いわば小さい頃から、困難な文章や、難しい数式の問題に大量に触れる事で自分で考える能力が自然と付いてくるのです。

より難しい問題を解くことで論理的思考力も必然的に高まり、トップの外資系金融/コンサルなどでも通用する頭脳が付いてくると言えるのでしょう。

 

 

 


東大、京大卒の論理的思考力はズバ抜けている

 

センター試験などを突破してきた東大、京大の学生たちは、国語が出来て、数学の公式も分かり、かつ理科や社会もそれなりにできることが多いので、普通の学生以上に頭を酷使してきたことが分かります。

ようは彼ら彼女らは言ってしまえば知の怪物です。

 

勉強する事が当たり前である環境で育ってきたため、それが自然な事で、考える事は日常茶飯事なのです。

なので論理的思考で彼らに勝とうとするのであれば、相当な努力が必要になってきます。

 

ただ基本、現代の大学生は、大学入学と同時に勉強はしなくなりますので、入学後に勉強をして社会に出てからも頭を鍛え続ければやがて受験エリート達を凌ぐことだって不可能ではないでしょう。

 

外資系金融/コンサルも商社もIT業界には歯が立たない件について

 

その証拠に自分でビジネスなどをしている、インフルエンサー、トップブロガーの人たちを見てみると皆途方もないくらいのインプットをしていることがほとんどです。

受験エリート達は知的探求心により学問を極めてきましたが、インフルエンサーやブロガーの人たちはお金がモチベーションとなって大量の本を読んだり、お金を稼ぐという行為に対して貪欲に研究を続けます。

 

そういった何かのきっかけがあれば、十分にあなたが高学歴の人たちを抜くことだってできると思います。

トーマス・エジソンの名言として人類史上最高の発明は、「複利の力」だと言います。

複利の力は数学だったり歴史だったり、経済、哲学、心理学などありとあらゆる学問、知識などが複利的に掛け合わさっていずれ爆発的な力を生むことを言います。

ありとあらゆる教養が破壊的なイノベーションを起こすことに繋がるのです。

 

 

 

 


東大、京大の人たちには本当に勝てないのか?

 

落ちこぼれでも、東大、京大の人たちにだって勝つことはできると思います。

例えば、鬼滅の刃に出てくる我妻善逸という主要キャラがいますが、彼は雷の呼吸の使い手ではありますが彼が使えるのはたった一つの型のみ。

呼吸の使い手は通常1~10くらいの型が使えるのですが、善逸は一つの型しか使えません。

 

一つの型しか使えないので、落ちこぼれなのか?と思うかもしれませんが、善逸は一つの型を極限まで極める事によってそれで鬼を退治しています。

鬼殺隊の役目は鬼を切ることなので、呼吸の型がたくさん使えなくても、一つの型を極めて鬼を倒せればそれで良いのです。

大ヒットアニメ「鬼滅の刃」のフル動画を無料で視聴する!あらすじ・見どころポイントをおさらい。

 

以上のように、例えばあなたが一流企業に勤める東大、京大卒の学問全般型エリート達よりも、お金を稼ぎたいと考えるならば別にお金を稼ぐことのみに特化すればエリート達より稼ぐ事は十分可能です。

 

その典型例が、トップブロガーたちですが、彼らはWebマーケティングスキル、ライティングスキル、論理的思考力を極限にまで高めて月に100~500万くらいを普通に個人で稼いでいたりします。

 

その額を稼ぐには、東大、京大の人たちだって一筋縄ではいかないと思います。っていうかほとんど無理です。

またトップブロガーたちは、ブログだけでなくnoteやメルマガ、LINE、オンラインサロン、Youtubeなどでも稼いでいて年収億単位の金額を稼いだりとそれを一個人が実現したりします。

 

一個人で年収億に達するというのは、トップクラスの金融トレーダーとかでもない限りかなり難しいでしょう。

こういった事を踏まえると、あなたが既にある程度の学力がいま備わっている場合、成功にかなり近い距離にいることが言えます。

 

高学歴の人たちが、個人で年収億を稼ぐにはもうあと一歩のところまで来ているのです。

 

なぜならアフィリエイトなどは文章力、論理的思考力が必要になりますが、高学歴の人たちは既にそれらを兼ね備えているのであとはWebマーケティングスキルを身に付ける事によって、大きなお金を稼ぐ事ができるようになるでしょう。

アフィリエイト初心者が月10万稼ぐには【ベネフィットを意識しよう】

 

もちろんアフィリエイトは完全なビジネスなので、大量の記事を書き続けなければいけない忍耐力も求められます。

 

東大、京大の人たちといえど、大学に入学してしまえば基本は勉強しなくなる事の方が多いので、あなたが諦めない限り大量の本などを読みこんで彼らの知能レベルにまで到達することだって可能です。

 

知能レベルを高めて、生産性の高い行動が出来るようになればより人生も充実したモノに変わっていくでしょう。

 



 

Follow me!

-自己成長、一般教養など

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5