情報

Webマーケティング会社の『仕事の内容について』【2種類】

Webマーケティングの仕事内容が気になっている人

「Webマーケティングの会社の仕事内容が気になるんだけど、実態はどうなの? これからWebマーケティング業界に行こうと考えているけど、自分でも仕事ができるのかな... 詳しい内容を教えてほしい」

 

こんなお悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

 

  • Webマーケティング会社の仕事内容は2種類です。
  • 実際は、Webマーケティングの仕事内容は簡単なものが多い
  • Webマーケティング業界で仕事を身に付けていく流れ

 

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、副業で当ブログサイトを運営して1年3ヶ月以上になります。

本業は商社で営業をしておりますが、日ごろからWebマーケティングの仕事をしている人たちのブログなどを読んでおり、それなりに情報を持っていると思うので皆さんにもシェアしていければと思います。

 

今回のテーマは「Webマーケティング会社の仕事内容」について詳しく解説していければと思います。

 

 

Webマーケティング会社の仕事内容は2種類です。

 

次の2種類に分けられます。

 

①:SEO系

②:広告系

 

大まかな流れを説明していきます。

 

その①:SEO系会社の仕事の場合

 

言葉の通り、SEO対策を行っていく仕事がメインとなります。

 

SEOとは検索エンジンなどで上位表示を獲得する技術のことですが、例えば「不動産投資」などで検索結果1位を取れるなら、毎月数千万円の売り上げが見込めたりします。

あとは「脱毛」などでもそれくらいの額を見込めます。

 

このようにお金を生み出すようなキーワードは世の中に溢れていて、そういったキーワードで売り上げを上げようとする会社がひしめき合っています。
ですが多くの企業はSEOの知識など無いので、Webマーケティングの会社に依頼するしかないという現状になります。

✔ 仕事の流れ

大まかに説明すると「①キーワードを選定して、②上位を取れるような施策をやっていく」という流れです。


例えば、「人材採用に中々苦戦している名古屋の商社があるとします。」

その場合に、「名古屋 求人 商社」のようなキーワードで上位を狙っていけば良いので、ここに対して戦略を考えていくという形です。

会社によっても違いますが、「実務をやる会社ややらない会社」などがあります。

会社規模が大きくなれば、実務はやらない会社が多くなりますが、理由は実務をやらないことで利益率が高まるからだとも言えます。

 

 

✔ 有名企業

バズ部/ウェブライダー/WEB企画

 

その②:広告系の会社の仕事の場合


広告系はGoogleやFace book広告を運用するのが仕事です。

例えば、クリスマスに向けて新作ブランドのアクセサリーなどを売るときは、Web広告などは便利です。2月であれば「クリスマス プレゼント」で検索する人が増えるので、それに対して広告を作り、GoogleやFace bookで配信していくのです。

 

✔ 仕事の流れ

広告プランナー的なイメージは分かりやすいかもしれません。

A社がブランドの新作アクセサリーを販売したとして、じゃあ「どういったデザインで、どんなキャッチコピーで、どれくらいの予算で売りますか」というのを決めていきます。

ですが電通や博報堂のような「クリエイティブ主義」な業界ではないです。

基本的にはインターネットで反応率を高めるテクニックはノウハウが確立されていますので、そのテンプレを編集しつつ、お客さんのコンサルをしていくイメージです。

※業務内容を詳細に説明すると、長くなりますのでとりあえずイメージが湧く感じで説明しています。詳しいことは就職したのちに、学びましょう。

 

 


✔ 有名企業

セプテーニ/リスクル/ギャプライズ

 

実際は、Webマーケティングの仕事内容は簡単なものが多い


Webマーケティングと聞くと「なんだか難しいイメージだなぁ」と思うかもしれませんが、実際は全然そんなことないです。

 

Webマーケティング難易度

イージーです。

その理由も解説します。

 

日本の会社は「マーケティング力」が弱い


まず一般的に、日本の企業はマーケティング力が弱いです。

 

例えば、日本の家電メーカーなどは「クオリティの高いものを作れば売れる」なんて妄想があるので、マーケティング力のあるサムスンなどに完膚なきまでに負けています。

 

Webマーケティング企業の仕事は「土俵に持ってくること」です


Webマーケティングは簡単なのはこれが理由ですが、Webマーケティング会社の仕事は「マーケティング力が弱い日系企業を、戦える土俵に立たせること」になってきます。

 

 

ポイント

もちろん中にはレベルの高い仕事もあるかもしれませんが、世の中の案件の大半が難易度の低い仕事ばかりです。

Webマーケティングの仕事をする上で、Webマーケのプロである必要は全くないのです。

 

 

具体例:SEOコンサル案件を例に解説

 

SEOコンサル案件の例を解説します。


SEOコンサルを請ける会社は、基本的なマーケティング施策が出来てないことがほぼ99%です。

 

なぜなら、「居酒屋の経営者」だったら「飲食に詳しくても、マーケティングに詳しいわけではない」からです。

またインターネットが苦手な人であれば、ネット上のマーケティングが全くできていないことがほとんどです。

そういった時に、Webマーケティング会社が本領発揮できるのですが、例えば「問題を浮き彫りにして、目標の設定や次のステップを考えていく」といった仕事をこなします。

 

「居酒屋の名前で検索してもサイトが出てこない」みたいな店が大半なので、サイト構築をまずはサポートしていきます。

今なら食べログなどがあるので、大分マーケティングは有利になりましたが...

ポイントWebマーケティング業界にもしいくのであれば、「Webマーケのプロでは無く、Webに詳しいくらいで」全然問題無しです。

 

 

 

続いてはどうやって業務を覚えていくのかも説明します。

 

Webマーケティング業界で仕事を身に付けていく流れ

 

基本的なのは次の流れです。

手順①:基礎的な理解
手順②:実務をやる

 

手順①:基礎的な理解

 

基礎的な理解に関しては、書籍などで勉強するのが一般的かもしれません。

Webマーケティングの世界はスピードが早いです。スピードが早いんで体系化が難しいのです。

 

要するに、会社に入ってしまえば大丈夫です。

基礎的な理解の学習時間は恐らく1週間もあれば大丈夫ですよ。

とまあ誰でも参入可能な業界なので、初心者でも問題無しです。

 

※誰でもそれなりに戦えるフィールドである理由は、Webマーケの仕事の大半が「マーケティングに弱い日系企業を土俵に立たせること」だからなのです。

 

✔ 参考図書① いちばんやさしい新しいSEOの教本

 

某有名なSEOの会社で使用される教科書になります。

SEOの概要理解にもなりますので、SEO系の会社を狙っている人はポチっとして下さい。

 

✔ 参考図書② 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書

 

Webマーケコンサルティングの考え方について、学べる本です。

この本の通りコンサルを実践できれば、99%の人が納得するでしょう。

リク〇ートの事例も出ていて、内容の濃い一冊となります。

 

手順②:実務をやる

 

1週間くらいで基礎的な理解を終えたら、あとは実務をこなすだけです。

業務の基本は「コンサル」ですので、ほとんどは型が出来上がっています。

 

✔ Webマーケティングのコンサルの型

・問題点を探し出す
・改善案を提案
・改善案の実行

 

上記のとおりです。

これを永久にリピートしまくるのが、Webマーケティングのコンサル業務になります。

 

またWebマーケティングに限らず、全てのビジネスに言えることですが、問題解決を続ければビジネスは成長していきます。

 

結論:就職したら簡単に覚えられる

 

実際のところ、一週間くらいで基礎的な理解はできるので興味あるなら、業界に飛び込んでしまうのが早いでしょう。

未経験でも雇ってくれる会社はありますし、給料は30万はもらえると思います。

Webマーケの会社は社風が自由な場合が多く、経営者も若い人が多いです。

一度挑戦してみましょう。

 

✔ Webマーケティング業界への転職にオススメなエージェント

 

  • 転職のリクルートエージェント|転職成功No.1:国内最大級の転職サイトなんで案件が一番多いです。まずはここに登録しておけばOK。

  • ワークポート|あなたに寄り添う転職エージェント:自分が登録した時は、クローズドの案件がちらほら来ました。

  • 転職エージェントのマイナビエージェント|人材紹介・転職サイト:就活でも定番のマイナビです。大手の案件が多く登録必須です。

 

 

Webマーケを最速で身に付けていくには

 

結論は、失敗をしまくることです。

失敗の経験をしまくるには、「失敗するための環境を作ること」です。

 

要は、早く上達したいのなら自分でサイトを立ち上げて、試行錯誤して改善しまくるしかないのです。

 

冷静に考えればわかると思いますが、コンサル企業が改善を回していく速さは月1回とかになります。

これだと改善速度が遅い為、毎日ブログを更新して何度も失敗すれば、必然的に成功に近づいていくはずです。

 

 

試行錯誤にはブログはうってつけです。この機会にブログを立ち上げて自分で運営することを経験していきましょう。

 

まとめ:Webマーケティングの仕事内容は「誰でもできる」が結論となります。

 

プログラミングとかだと、ある程度学習期間を要しますが、Webマーケティングは叩き上げ一択です。

業界の流れだって数年で変わってしまいますので、参入してすぐに追いつけるはずです。

 

✔ 記事のポイントまとめ

 

ポイント

・Webマーケティングの仕事内容は大まかに2種類に分けられる

・①SEO系→クライアントの検索順位を上位表示させる仕事、
②広告系→クライアント商品を広告で売りさばく仕事

・Webマーケティング業務は、実際のところ簡単です。なぜなら日本企業のマーケティング力はかなり弱いからです。

・Webマーケティング業務を学ぶためには、基礎的な理解→実務の順番になります。

・基礎理解は一週間くらいで終わってしまいますので、会社に就職して実践で身に付けていくのが早いのです。

 

 

こんな感じになりますが、あんまり表舞台でキラキラしているイメージは無いですが、裏方仕事が好きな人にはおすすめかもです。

副業や独立がしやすく会社で学びながら、自分でもブログを運営して稼いでいくのが良いです。

というわけで今回は以上になります。

 

✔ Webマーケティング業界への転職にオススメなエージェント

 

  • 転職のリクルートエージェント|転職成功No.1:国内最大級の転職サイトなんで案件が一番多いです。まずはここに登録しておけばOK。

  • ワークポート|あなたに寄り添う転職エージェント:自分が登録した時は、クローズドの案件がちらほら来ました。

  • 転職エージェントのマイナビエージェント|人材紹介・転職サイト:就活でも定番のマイナビです。大手の案件が多く登録必須です。

 

 

 

Follow me!

-情報

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5