情報

お金の知識ゼロの人へ贈る、お金を増やす為の第一歩

皆さんこんにちは、

今回の記事では、これからお金を増やしたい、もっと収入を増やしていきたいと考えている人に向けて、金融リテラシーを高める為の情報を詰め込んで解説していきたいと考えています。

 

誰しも、お金を増やしたいと考えるときに、真っ先に思い浮かぶのは「投資」などでは無いでしょうか?

 

しかし、金融投資というのは本来お金のプロが行う行為です。

お金の知識ゼロのあなたでも、着実に収入を増やす為の、知識を身に付けていきましょう。

 

本記事の内容

・まずは自分へ投資しよう
・身に付けたスキル、知識を活かせる仕事
・金融投資は最後の手段?

 

本記事を書いている私は、仮想通貨やFXの経験、本業の会社員のバックグラウンド、副業などの情報を主に発信しております。


この記事を読んで頂ければ、お金の知識がゼロのあなたでも、賢く収入を増やしていく金融リテラシーが身に付けられるでしょう。

 

 

まずは自分へ投資しよう

 

1-1. 自己投資はお金持ちへの最短ルート
1-2. 自己投資の方法

 

 

1-1. 自己投資はお金持ちへの最短ルート


お金をもっと稼ぎたいと考える人に、一番手っ取り早い方法があります。

それは、株式投資でも、宝くじでも、起業でもありません。

 

お金を稼ぐ場合に、一番早い近道は自分への投資です。

 

自分への投資こそが、最も最短でお金持ちになる為の手段です。

 

この場合の自己投資は、英語の勉強でも、簿記の勉強でも、不動産の勉強でも何でも構いません。

 

人には得意不得意があるので、自分に一番合った科目を学んでいけば良いのです。

 

ここでもう少し踏み切った、話をしましょう。


英語の勉強や、簿記の勉強は間違いなく将来役に立つでしょう。

ただよりあなたが、効率的な収益性を重視するのであれば、私のお勧めはパソコンに強くなることです。

 

特に、インターネットを使ったWEBの集客、Webサイト運営能力、ブログ、アフィリエイト、Webライティング、広告運用、プログラミングのスキルなどは特にお金に直結しやすいスキルです。

 

あなたがエンターテインメントな事が好きであれば、Youtubeなどでも良いでしょう。


Twitter、インスタ、Tiktokなどを使ったSNSマーケティングのスキルもお金に直結しやすいです。

 

なぜこれらのスキルがお金に結び付きやすいのか、簡単に例を挙げると


私が今勤めている、商社の営業では、1か月にどれだけ頑張っても、60人くらいの顧客に対してしか営業を行うことができません。

1日に4軒の会社に訪問し、営業稼働日の22日の内15日は外回りするとしても、4軒×15日で60人しか会うことができません。

 

時間の制約もあり物理的にこれ以上の人間を相手に商売を行うのは、困難なのです。


ただし、Webマーケティングの世界では、ブログなどを運営してひと月に1万人、10万人という規模の人々を自分のWebサイトに集客することができます。


これだけの人数相手に、自分が売り込みたい商品をセールスすることができるのです。


これは、いわばレバレッジ(てこの原理)を利かせているようなものです。

 

営業などの対面セールスでは、1対1の商売しかできませんが、WEBマーケの力を使えば1対100、1対1000のセールスができるようになるのです。


さらにWebサイトなどで、一度コンテンツを作成してしまえば、それは永久的にインターネット上に残り続ける事になるので、

資産性が高く、不労収入のような稼ぎ方も実現できるのです。

 


 

1-2. 自己投資の方法


それでは実際に、自己投資の方法についても解説していきたいと思います。


自己投資には色んな選択肢がありますが、ここでは本での自己投資を取り上げます。

 

皆さんは月にどれくらいの本を読みますでしょうか?


読書は、数ある自己投資の中でも、最も費用対効果が高いということが言えます。


なぜなら、たった1000~1500円くらいの金額で成功している人たちの話が読めるからです。


一般的に言って、月に数百万~数千万稼ぐような成功者の方々の時給は3万円~10万円と、とても高額である場合が当たり前の世界です。

 

そういった高所得者に対して、直接話を聞こうと思うと当然ながら、その為の時間を作ってもらう必要がありその時間の対価を払えるくらいの価値があなたに無いといけません。

 

ですか、何か秀でた才能や知識、能力が無い限り、成功者たちがあなたに会うメリットがありません。

 

成功者たちに直接会って話を聞けないのであれば、その話が手に入るような媒体を手に入れる必要がありますが、本はそんなツールとして最適な手段なのです。


私は、何かを学ぶときは必ずと言っていいほど、本を読み漁りました。


英語学習、Webライティング、Webマーケティング、金融、投資関連。


本はあらゆるジャンルに多岐に渡って売られていますので、自分が勉強したい分野を手に取ると良いでしょう。

 


 

身に付けたスキル、知識を活かせる仕事

 

2-1. 英語を活かせる仕事
2-2. Webマーケティングスキルを活かせる仕事

 

2-1. 英語を活かせる仕事


私がお勧めする、英語を活かせる仕事としては、

自分がいる業界でもある商社かなと思います。


英語の頂点を極めて、使いたいのであれば、通訳者などとかになるのかなと思いますが、


商社で英語を使えれば、英語力だけでなく、他の能力も磨かれます。


それは例えば、文化の異なる外国人とのビジネスのやり方や、英語でのビジネスメールはもちろん、交渉能力など他業界でも必要とされるようなビジネス戦闘力が商社であれば確実に身に付ける事ができます。

 

なのでもし、英語以外の仕事をしたくなった時も、転職する際に商社の経験は必ず役に立つでしょう。

また商社で働くような人間は基本上昇志向の人たちの集まりなので、自分を高めたい人にとってはうってつけの業界と言えます。

 


 

2-2. Webマーケティングスキルを活かせる仕事

 

次に、さきほど紹介していた、Webマーケティングのスキルなどは今の世の中、あらゆる企業から引く手あまたです。


もしブログ運営していた経験などがあれば、Webライティング、Web集客、広告運用、マーケティング能力などが備わっていると思いますので、そういったスキルはWebマーケティング会社、SEOコンサル会社、その他IT企業、一般企業のマーケティング部門などで重宝されます、

Webマーケに関する専門スキルが高ければ高いほど、Web業界の企業からひっぱりだこになるはずです。

 

日本トップブロガーのクニトミさん、マナブさん、TsuzukiさんなどはWebマーケティングの会社で経験を積んでから独立していますので、もしあなたが将来独立を考えているのであれば、Webのスキルを身に付けるのはとても賢い選択肢であると言えるでしょう。

 


 

金融投資は最後の手段?


最後に皆さんに伝えたい事は、安易に金融投資に手を出さないで欲しいという事です。


多くの人は、サラリーマンなどをやりながら、何か副収入を得たいと考える際に、手を出しがちなのが株式投資やFX、仮想通貨などの金融投資です。

 

これらの投資が、人気なのはその手軽さです。

お金=元本さえあれば、誰でも始められ、投資は上がるか下がるかのどちらかしか無いので、運のある人はいきなり大金を稼いでしまう事もありますし、その門戸はとても広いと言えます。


お金さえ尽きなければ、何度でも投資できるのでその魅力に憑りつかれてしまった人は、投資を辞める事ができなくなってしまう事もあります。

 

簡単に誰でも始められる投資ですが、投資の世界で勝てるのは、経済の専門家や数学者、統計学のプロ、億超えトレーダーなどの猛者たちです。


そういった方々を差し置いて、自分が勝ち上がっていくには、とても厳しい道のりを乗り越えなければならないのです。


多額の損失、自分との精神面での闘い、金融の勉強、世界経済/ニュースなどを分析できるくらいの知識など、投資で必要な素養は挙げればきりがありません。


そんなあらゆる要素が必要になってくる金融投資は、あなたが本気で挑戦したいと考えるのであれば、この世界に飛び込んでみるのも面白いかもしれません。

 



Follow me!

-情報

PAGE TOP

© 2022 Taka blog Powered by AFFINGER5