ブログ

【Webマーケ会社推奨】ブログのSEO対策、具体的な実践方法とは

ブログのSEO対策で、具体的に何をやったら良いのか分からない人...
「SEOについて、ほとんど無知なんだけど 一体何から始めれば良いのかな?」

 

こんなお悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

・【プロが推奨】SEOの具体的な実践方法とは
・  SEOキーワード選定
・  質の高いコンテンツを作成する
・【初心者必見】SEOの内部対策
・【サイト評価が上がる】SEO外部対策とは

 


本記事の信頼性

この記事を書いている私は、ブログ歴1年9ヶ月。


今回は、Googleが推奨するブログの正しいSEO対策について、具体的実践方法を解説していきます。

 


SEO対策は、専門用語ばかりで初めての人はなかなか上手く対策を行うことができません。


ですが、きちんとGoogleの理念を汲み取り、適切な手順でコツコツやっていけば誰でもできるようになります。


今回の記事では、SEOの外せない基礎的な対策を網羅的にまとめているので、最後まで読んでいただければSEOの大まかな全体像が掴めてくるはずです。

 

 


【Webマーケ会社推奨】SEOの具体的な実践方法とは


まずはSEOの基本的な実践方法について、下記の4つを紹介します。

 

・ユーザーが検索に使うキーワードを選定する
・読者の検索意図を120%満たすためのコンテンツ作り
・Googleの検索エンジンに評価されるように内部対策する
・質の高い被リンクを獲得する外部対策


SEOキーワード選定

 

①:想定読者が使う検索キーワードを調べる
②:キーワードの検索ボリュームに気を付ける



SEOを実践する上で、一番最初に必要になってくるのがユーザーが検索するキーワードを選定していくこと。

この取っ掛かりのキーワード選定がしっかりできていないと、良いコンテンツを作り上げても誰にも読まれない記事(アクセスの無い)になってしまいます。


①:想定読者が使う検索キーワードを調べる


まずSEOの取っ掛かりとして、検索キーワードを選定しましょう。

 


例えば、英語の勉強に力を入れている読者がいるとしたら

「TOEIC 効率 スコアアップ」

こんな感じで、キーワードを決めていき、どうしたらTOEICの点数が効率的にアップできるのか、勉強方法やおすすめな参考書を紹介していくようにします。

 


TOEICの学習で悩んでいる人には、その悩みを解決できるようあなたのこれまでの学習経験などが、読者にとって貴重な情報となるのです。


なので、まずは自分にとっての想定読者は一体だれなのか? どんなキーワードで検索してくる人に情報を提供したいのか、そこの部分を深掘りしていくのです。

 



 

②:キーワードの検索ボリュームに気を付ける

 


想定読者をイメージした検索キーワードを選定したら、そのキーワードの検索ボリュームにも気を付けてください。

検索ボリュームはそのキーワードが「一体どれくらい検索されているのか」という指標を表すものです。


例えば、「転職」のようなビッグキーワードでは、法人サイトなどが検索上位を牛耳っており、初心者の個人ブロガーがこの牙城を崩すのは困難を極めるでしょう。

 


検索ボリュームが多ければ、多いほど激戦区となり、検索上位に食い込むのが難しくなっていきます。


「転職」のようなビッグキーワードで、上位表示できれば確かに物凄い数のアクセスを獲得することができます。


ただし立ち上げたばかりのサイトでそこに至るまでには、相当な時間と労力が掛かりますので、まずは「転職 Web おすすめ」など関連キーワードを駆使した、キーワードの組み合わせで上位に食い込むことを意識していきましょう。

 

 

 

質の高いコンテンツを作成する

①:質の高いコンテンツについて
②:Googleが理念とする、3つの評価基準 E-A-T

 


SEOで重要になってくる4つの対策のうち、一番SEOの効力を発揮するのが質の高いコンテンツ作成です。

Googleは「読者の検索意図を120%満たすような、質の高いコンテンツ」を常に模索しています。


またSEOで最大の成果を挙げるために、「ユーザーファースト(読者の最もためになる)」を意識したコンテンツ作成を最重要課題として記事を書いていくことが求められるのです。

 

 

①:質の高いコンテンツについて



SEOで最も重要なことは「質の高いコンテンツを作ること」になりますが、

Googleもコンテンツ自体が、特に大きなSEO効果を発揮すると発言しています。

 



人を引きつける有益なコンテンツを作成すれば、このガイドで取り上げている他のどの要因よりもウェブサイトに影響を与える可能性があります。

引用:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

 

例えば、ブロガーにとって共通の悩みとなる「記事の文字数はどのくらいにすべきか」「画像も入れた方が良いか」など悩まれる方が多いかと思いますが、

結論を言うと、「ユーザーにとって必要かどうか」で判断すると良いです。


文字数が2000文字でユーザーが満足する内容であれば、それで良いでしょうし、はたまたあるユーザーにとっては1万文字必要になってくる記事になるかもしれません。

 


画像だってユーザーの為になるのであれば、どんどん入れていくのが良いでしょうし、逆に多すぎてもコンテンツが重くなってしまうかもしれません。


ここで重要なのは、読者の検索意図を120%満足させることのできる記事を作成する事です。


ユーザーの表面的な顕在ニーズだけにとどまらず、深層心理の奥深くまで見抜いた潜在ニーズをしっかりと記事に落とし込むことが重要なのです。

 

 

 

②:Googleが理念とする、評価基準 E-A-Tとは



Googleは質の高いコンテンツを判断する基準として、E-A-Tと呼ばれる3つの評価基準を非常に重視しています。

もしあなたが質の高いコンテンツを作りたいと考えるのであれば、下記のE-A-Tを重視しましょう。

 

・Expertise(専門性)
・Authoritativeness(権威性)
・Trustworthiness(信頼性)


の3つがいわゆるE-A-Tです。


E-A-Tを高めるには、下記のポイントを意識してしきましょう。

 

・Webサイトのジャンルが何かの分野に特化していて、プロが見ても納得できるほどの情報量、内容の深さを併せ持っており、独自性を持ったオリジナリティ溢れるコンテンツになっている事(専門性)


・Webサイトが、ある分野に特化した専門家やプロフェッショナルの人からWEBの媒体を経由して評価されており、尊敬されていること(権威性)


・Webサイトが、世間的に信頼できる人物、企業などによって運営されていることと、Webサイト自体の情報やサービスを一般の人が安心して使用できるかということ(信頼性)

 

 

要するにGoogleが求めていることは、

「ある特定の分野において詳しく、その道の権威ある人が(権威性)、プロの目から見ても満足できるくらいの情報と質の高さを担保した記事を作り(専門性)、その発信する情報が嘘偽りなく素人の方でも信用して大丈夫なくらいな記事であること(信頼性)」

 


もちろん、いきなりその道の権威になるなんて事は無理な話なので、できる限り専門家に近づけるよう努力して、さらにプロが納得できるくらいの質の高いコンテンツを作る意識を持てば良いでしょう。


Googleの理念に沿う形で、できる限り上記のE-A-Tを目指して日々のコンテンツ作成に励みましょう。

 

 

 


【初心者必見】SEOの内部対策

 

①:SEO内部対策のこれだけはやるべき事9選
②:SEO内部対策は、トップブロガーたちを参考にしよう



 


①:SEO内部対策のこれだけはやるべき事9選


SEO内部対策は、自分の書いた記事を適切にGoogleのロボットに認識して貰うために行うもので、

これをやっておかないとせっかく質の高いコンテンツを作ってもGoogleの検索結果で上位表示を取るのが難しくなってしまいます。


SEO内部対策は下記の9つを最低限やっておきましょう。

 

・記事タイトルは、titleタグで指定する
・descriptionメタタグの設定
・パーマリンクを設定
・ディレクトリ構造はシンプルなものに
・パンくずリストの設定
・ナビゲーション作成をテキストで行う
・HTMLサイトマップXMLサイトマップの設置
・robots.txtの設定
・モバイルサイトマップの設定


見慣れない専門用語が並んでいるので、拒否反応を示してしまうかもしれませんが、WordPressを使えば初心者の方でもいとも簡単にこれらの設定ができてしまいます。

私自身もPC操作は苦手ですが、WordPressで簡単に上記の設定をすることができたので、是非皆さんもチャレンジして欲しいと思います。

 



②:SEO内部対策は、トップブロガーたちを参考にしよう



SEO内部対策は、トップブロガーのmanablogマナブさんやクニトミさん、Tsuzuki blogのTsuzukiさんが大体記事で紹介しているので、この方たちの記事を一度読むことをお勧めします。


上記の方たちは、月収数百万クラスのトップブロガーたちなので大いに参考になるでしょう。


私自身も上記の方たちの記事は読みまくりました。

非常に勉強になり、それをそのまま自分のブログに活かせるので読んで損はないでしょう。

 


またトップブロガーたちのSEOテクニックはもちろん、その思考回路を真似することをお勧めします。

成功している人たちにはある種の共通点があり、その共通点を自分の力で見抜くことが成長に繋がるのです。

 


ほとんどの成功者の方たちは、尋常じゃないレベルの作業量、勉強量、行動力があり、絶対に諦めない強力なマインドを兼ね備えています。


自分もその強力なマインドを手に入れられるか、もしくは圧倒的に自分の時間を成長の為に費やす覚悟があるか、無いかだと私は考えています。


根性論になってしまいましたが、ビジネスで最も重要なことは情熱です。

情熱が燃え尽きない限り、頑張り続けられると思います。

 



 

 

【サイト評価が上がる】SEO外部対策とは

 

①:多くの人から、評価される記事は必然的に上位を勝ち取る
②:外部のSEO対策はより質の高い被リンク獲得のため

 

SEOの外部対策は一般的に、外部サイトから被リンクを貰うことになります。

自分の書いた記事が、どこかの誰かのWebサイトでリンク付きで紹介されると、それはGoogleから評価の対象となり記事の順位が上がるようになります。



①:多くの人から、評価される記事は必然的に上位を勝ち取る


外部のSEO対策では、自分の記事がより多くの人から引用されたり、被リンクを受けたりすると検索順位は上がっていきます。

Googleは多くの人からの支持を集めるようなコンテンツを評価することを念頭に置いており、例えるならTwitterやインスタなどのフォロワー数が多いインフルエンサーは実力があると見なされてタイムラインの上位に上がってくるような感じです。

 


たくさんの人から支持を受けるというのは、その人に何かしらの魅力や、実力、専門性などがあるからであってE-A-Tを満たしていると判断できます。


質の高いコンテンツ作りができれば、自然と周りからの評価が得られるようにもなり、記事に対しての信頼性が上がっていきますのでまずは誰かの役に立つコンテンツ作りを心がける事が重要なのです。

 

 

 

②:外部のSEO対策はより質の高い被リンク獲得のため


外部のSEO対策としては、

・質の高いコンテンツ作り
・SNS運用
・広告を使う



 

上記のような、検索エンジン以外からの集客を目的とした外部対策は重要です。

要は自分のWebサイトをより多くの人に知ってもらう為の、宣伝活動といえます。


外部メディアからの宣伝が上手くいけば、短期間で爆発的なアクセスを自分のWebサイトにもたらすことができます。

 

SNS運用などは、SNSマーケティングのスキルが必要になりますので、Webサイトのコンテンツ作成能力とはまたひと味違ったスキルが求められます。


SNSは誰でも無料で使えて、かなり効果的な方法なのでぜひ導入したいところです。


トップブロガーの方たちは、ほぼ当たり前にTwitter運用をしていますので、是非チャレンジしてみてください。

 

 

 



まとめ:【Webマーケ会社推奨】ブログのSEO対策、具体的な実践方法とは


✔ 【Webマーケ会社推奨】SEOの具体的な実践方法とは


✔  SEOキーワード選定

①:想定読者が使う検索キーワードを調べる
②:キーワードの検索ボリュームに気を付ける


✔ 質の高いコンテンツを作成する

①:質の高いコンテンツについて
②:Googleが理念とする、3つの評価基準 E-A-T

 

✔【初心者必見】SEOの内部対策

①:SEO内部対策のこれだけはやるべき事9選
②:SEO内部対策は、トップブロガーたちを参考にしよう


✔【サイト評価が上がる】SEO外部対策とは

①:多くの人から、評価される記事は必然的に上位を勝ち取る
②:外部のSEO対策はより質の高い被リンク獲得のため

 

Follow me!

-ブログ

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5