ブログ

SEOは検索ユーザーが最高に満足でき価値となるコンテンツを意識する

SEOは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の頭文字から来るもので、「検索エンジンで上位表示を獲得するための技術」のことを言います。


多くの企業が、商品、サービスのコンバージョンのためや、企業ブランドを認知させるためSEO対策を日々行っています。


ブロガーや企業がSEOに熱心に取り組んでいるが、本気でやればやるほど検索ユーザーが集まらず。

成果が出なくなる人も多いようです。


こんなお悩みを抱えている人は、本記事がお役に立つかと思います。

・SEO対策しているのに、アクセスが増えず、ずっと上がらないまま停滞している。
・集客はできているのに、コンバージョンまで至らず商品が売れない
・検索エンジンからの商品成約、ブランド確立が全くできない


上記に当てはまる人の原因は、SEOに必要な基礎的なことができておらず、そのやり方が間違っている可能性が高いです。


本記事では、「確実に成果を出すためにやるべきSEO対策」について徹底的にフォーカスしています。


この記事を読めば、あなたがなぜSEOで集客できないのか、必要な対策は何なのか、具体的にどういうアクションを取っていけばいいのかが明確に分かってくるはずです。


結果を出すためのSEO

①:SEOって一体何?
②:ブラックハットSEOの終焉
➂:ホワイトハットSEOの台頭
④:適切なSEOの理解



 

多くのブロガー、企業などがSEOで結果を出せないのは、そもそもSEOについての根本的な理解、考え方がずれている可能性があります。


まずは、SEOに対しての正しい認識と考え方を理解することから始めてみましょう。


①:SEOって一体何?


SEOは、一般的な認識としては、下記で表現されています。


SEOとは、ある特定の検索エンジンを対象として、検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。またはその技術のこと。


検索エンジン最適化


この定義だと、「じゃあ成果が出るSEOって何なの?」と疑問に思う方も出てくると思います。

 



成果の出るSEOとは下記になります。


SEOとは検索ユーザーの検索意図を120%を満たせるような、コンテンツを作成すること。


一般的にSEOに従事する職業の人たちは、SEOは検索エンジンなどの機械、ロボットに向けた対策をするものだと認識しています。

 

しかし、SEOで本当に結果を出すためには、検索ユーザーを最優先に考えて本当に価値あるコンテンツを作ることに意識を向けなければなりません。


SEOをGoogleの検索エンジンに向けた、技術的対策にこだわり続けるような人には、結局テクニックだけで上位表示をゴリ押しするようになってしまうのでSEOが長期的に成功することはありません。


反対に、SEOを検索ユーザーに対して最高の価値提供だと考えている人は、違ったコンテンツ作りをします。


検索ユーザーからも検索エンジンからもどちらからも評価されるように、最高品質のコンテンツを作ろうとするのです。


後者の人は、質の高いポテンシャルカスタマーを集めることができ、高いコンバージョン率、ブランド形成を行うことができます。


SEOで検索上位を獲得し、ビジネスを大きく成長させていくためには検索ユーザーにとって本当に価値のあるコンテンツ作りをしていかなければなりません。

 


②:ブラックハットSEOの終焉


一昔前は、ブラックハットSEOと言われる、コンテンツの質を無視した検索エンジンのアルゴリズムの隙を突いた悪質なSEOが流行っていました。


コンテンツが検索ユーザーにとって、ほぼ価値の無いものでも検索エンジンを騙して上位を実現するテクニックが横行したのです。

テクニックさえあれば、誰でも簡単に上位表示できてしまったので、検索ユーザーが騙されてお金を巻き上げられるケースも出てくるようになると、Googleは事態を重く見るようになりました。



問題解決のために、Googleはパンダアップデート、ペンギンアップデートに取り組んで、検索エンジンから価値が無いコンテンツを一掃するようになったのです。


その結果、検索エンジンにはブラックハットSEOが通用しなくなりました。


この時代のSEOは検索アルゴリズムを騙して、上位表示させることが主流だったので、とにかく検索結果も信頼できないページで溢れかえっていたのです。



➂:ホワイトハットSEOの台頭


ブラックハットSEOとは全くの正反対である、ホワイトハットSEOは「検索ユーザーの検索意図を満足させることを目的としたコンテンツ作り」を一番に重きを置いています。


昔は、このユーザーファーストのホワイトハットSEOが検索エンジンを騙すブラックハットSEOより弱かったので、質の高いコンテンツを作っても上位表示することはできませんでした。


しかし、Googleがその問題を一掃したことにより、今ではホワイトハットSEOの方が圧倒的に優勢になりました。


ブラックハットSEOは検索順位が安定せず、突然検索結果の圏外に飛ばされることもありましたが、ホワイトハットSEOは基本検索順位が安定しますので、しっかりとしたコンテンツ作りに取り組んでいる人にとっては非常に心強いものとなるのです。


④:適切なSEOの理解


これからの時代のSEOは「検索ユーザーの検索意図を120%満たし、大きな価値をもたらすようなWebサイトを作ること」

これからのSEOにとって、重要なことは小手先のテクニックで検索順位の上位を狙うのではなく、検索ユーザーにとって一番ためになる価値提供ができるかどうかなのである。

 


例えば、ユーザーの悩みを一発で解決してくれるくらいの価値のあるコンテンツを作り、誰が使っても使いやすいサイトで各記事ページに簡単にアクセスできるように内部対策を練りこむことが、大きな集客を生むモンスターサイトへと成長することに繋がるのです。


これらを徹底するだけで、圧倒的な集客やコンバージョン率を上げていく結果に繋がり、やがて自身のサイトがブランド認知されていくことになるでしょう。


 


これからあなたがやるべきSEO対策3つとは

①:SEOの大まかなイメージ
②:コンテンツに対するSEO
➂:SEO内部対策について
④:SEO外部対策について
➄:優先度:1位,コンテンツSEO 2位,内部SEO対策 3位,外部SEO対策


それでは、常軌を逸したアクセス数、コンバージョン率、ブランド認知を目指したやるべきSEO対策について、順番に解説していきます。


①:SEOの大まかなイメージ

 

  定義 重要度
コンテンツSEO ユーザーファーストのコンテンツ作り 必須
内部SEO対策 ユーザビリティが高く見やすいサイトを作る 重要
外部SEO対策 サイトの世間的認知度を上げる 普通


上記の項目を理解することで、多くの集客、高いコンバージョン率、確固たるブランド認知を形成することができます。


これら3つの施策には、Googleのロボットが適切に記事を評価/認識できるようにするための、SEOの必要な技術的テクニックも紹介しますので、じっくりと頭に入れてみてください。


②:コンテンツに対するSEO

 

1. コンテンツSEOが最も重要な理由
2. コンテンツSEOでコンバージョン率が上がる


コンテンツSEOとは、検索ユーザーの検索意図を100%満たすような、質の高いコンテンツ作りしていくことです。


コンテンツSEOが特に強いのには理由があります。

・Googleは検索ユーザーにとって最も価値のあるコンテンツを表示していきたい
・質の高いコンテンツは多くのアクセスと、高いコンバージョン率を形成する


1. コンテンツSEOが最も重要な理由


下記のGoogleの引用を見てください。


(Googleが目指す検索エンジンは)ユーザーの為に優れたサイトを作っている人々の努力が、きちんと報われる検索エンジン


良質なサイトをより高く評価するために


GoogleはSEOの知識やスキルなどは考えることなく、検索ユーザーにとって一番価値の高いサイトが検索上位に表示されるべきだと謳っています。


これからの時代は、質の高い本当に価値のあるコンテンツだけがより検索上位を占めるようになっていき、近い将来、真に価値の高いサイトだけが生き残る世界になるでしょう。


その未来を想定して、ユーザーにとっての最大価値となるような、最高品質の記事を作ることを心掛けるようにしていきましょう。

それさえ一貫し続ければ、圧倒的なアクセスと他の追随を許さないくらいのコンバージョン率を達成できるのです。

 

 


2. コンテンツSEOでコンバージョン率が上がる


コンテンツSEOがとても重要な理由として、記事の質が高ければ高いほどに、成約率や問い合わせ、読者からの能動的なアクションが増えてくるからです。


例えば、外見がお洒落なだけの中身がないようなWebサイトの記事というのは、内容に説得力がなく、専門的なアドバイスなども無ければ何の解決にも繋がらなかったりします。

反対に、外見のデザインは素人っぽい作りですが、内容のロジックが一貫してまともであり、自分が抱えてた悩みなどを一発で解決できるほどの優れたコンテンツであれば、コンバージョンの数、率も高くなるのです。


自分のWebサイトのコンテンツレベルを上げていき、読者に隅々まで読んでもらうことで信頼性が上がり、商品の購入までのハードルが劇的に下がるようになるのです。



➂:SEO内部対策について


SEO内部対策は、ユーザビリティを追及した、見やすさ/使いやすさを改善していくWebサイト作りをしていくことです。


例えば、見出しや改行、行間などが全く考慮されておらず、詰まった文章を見かけることがありますが、これだと記事の内容が良くても読まれることはありません。

反対に、改行や見出しを使いこなし、行間もほどよく空いているので非常に読みやすい記事であれば、読者は最後まで読み続けることができると思います。


このようなSEO内部対策を実施することで、検索ユーザーのみならず、検索エンジンにも評価されるようなコンテンツを創り上げることができるのです。


内部SEO対策では主に次の2つを意識するようにしましょう。

1. インデックス最適化
2. クロール最適化


1. インデックス最適化について


インデックス最適化とは、サイト全体やサイト内の各記事をユーザーにとって見やすくして、ユーザビリティを高めることを言います。


具体的な策としては、

・タイトルタグの最適化、クリックされる魅力的なタイトルの作成
・見出しタグを最適化、読者の目に止まる見出しの作成
・メタディスクリプションを設定し、クリック率を上げる
・noindexタグを使う
・canonicalタグの重複コンテンツが無いか確認


上記の要素をクリアしていけば、ユーザビリティは向上していきます。


記事のタイトルには、キーワードを入れてユーザーがタイトルを見ただけで即座にどんな記事内容が書かれているのか分かるようにしたり、

見出しタグを上手く使い、ページ内の文章構成を整えて誰にでも見やすい記事になるようにしていきましょう。


またクローラーと呼ばれるGoogleの検索エンジンを巡回するロボットに自分の記事を認識してもらいやすくするために、ユーザーが見やすい記事=ロボットも見やすくなる 記事に仕上げていきましょう。

 

 


2. クロール最適化について


クロール最適化は、「Webサイトをユーザーが最も使いやすいように設定していくこと」を言います。

サイト内で、ユーザーが迷うことなく、目的のコンテンツまでたどり着くことができ、重要なコンテンツなどもすぐに見つけやすくすることがクロール最適化に繋がります。

具体的な施策としては

・リンクタグ最適化
・アンカーテキスト最適化
・nofollowを使う
・404ページの設置
・サイトマップ設置
・robots.txtの活用


これらの要素がクリアできていれば、ユーザーはサイト内で自分の読みたい記事にすぐにたどり着くことができるようになります。


検索ユーザーが使いやすいサイトというのは、検索エンジンのロボットもサイト内を巡回しやすくなり、重要な記事なども適切に評価してもらえるようになっていきます。


クロール最適化を行うことは、適切なSEO対策を行うことに繋がるのです。

 


④:SEO外部対策について


SEO外部対策は、自分で被リンクを貼って対策していくと考える人もいるが、それはブラックハットSEOに引っ掛かりペナルティの対象となる可能性が出てくるので気を付けましょう。

本当の外部対策は、SNSや広告などを使い、自分のWebサイトの知名度を上げることを言います。


FacebookやTwitterを使って、自分の投稿した記事を多くの人に拡散したり、Twitter広告などに自分の記事を出したりしていくのはSEO外部対策の効果的な施策になります。


あなたのサイトをより多くの人に知ってもらえれば、SNSでシェアされて圧倒的な集客だって見込めるでしょう。

他のブロガーなどのブログサイトで、自分のサイトが紹介されるようになれば強力な被リンクとなっていきます。


とにかくTwitterは拡散性が高いため是非とも、運用していきたいSNSであることが言えます。

 


➄:優先度:1位,コンテンツSEO 2位,内部SEO対策 3位,外部SEO対策


ここまで3つのSEOを紹介してきましたが、中でもコンテンツSEOは最も重要な位置づけになります。


検索ユーザーや検索エンジンにとって、価値あるコンテンツと判断され上位表示されるようなコンテンツになってないと、いくら内部対策や外部対策をしても意味はありません。


なぜならコンテンツ自体のサポートをすることが、内部SEOや外部SEOの役目だからです。

多くの人の役に立つような、記事を書いているサイトは遅かれ早かれ、誰かの目に止まり徐々に上位表示されていく運命にあります。


例えば、ほとんど外部SEO対策をやっていないブロガーや、内部SEOをおろそかにしているサイトがあったりするのをたまに見かけますが、記事の質が本当に良ければそういったサイトでも普通に検索上位を獲得して、多くの集客を成功させていたりします。

もちろんすでに、検索上位を連発しているような記事を書けている場合は、内部と外部対策を行って集客を大幅にアップさせることだって可能となるでしょう。

 

 


SEOを本気でやっていく人が意識すること

 

①:検索意図とSEOの目的
②:SEOは検索ユーザーへの救いの神


最後に検索エンジンの役割や、SEOを行っていく人間が意識すべきことについて解説していきます。

SEOを本気で成功させるために、重要なことですのでしっかりと頭に入れていきましょう。



①:検索意図とSEOの目的


人がGoogleで検索を行う理由としては、

・恋人にプロポーズするために、最適なレストランを見つけたい。
・高級フレンチに招待されたので、フレンチの食事マナーを知りたい。
・いつもデスクワークで腰痛持ちなので、腰痛の解消法を知りたい。


このように、人が抱える悩みは千差万別で、その解決方法が無いか検索エンジンで探しています。
そんな中で、解決に繋がるような記事が見つかったらどうでしょうか?

 


・プロポーズの為の最高なロケーションのレストランが見つかり、人生一度限りのプロポーズが大成功した。

・フレンチの食事マナーをしっかり学ぶことができて、初めての高級フレンチでも恥ずかしい思いをしなくて済んだ。

・腰痛の効果的な解消法を知ることができ、慢性的な腰痛とおさらばすることができた。


上記のように、人の悩みや、問題を解決することで解決できた人の人生の質が向上するでしょう。
SEOはいかに人々の暮らしの役に立つような、存在であり続けることが求められるのです。

 




②:SEOは検索ユーザーへの救いの神


読者の検索意図を120%満たすためには、自分がプロの領域まで極めなくてはいけません。


プロフェッショナルの人は、単に資格や専門性があるだけの職業人ではなく、既存の理論さえも凌駕するような、究極の追及を志す人のことを言います。


分かりやすい例でいくと、シャーロック・ホームズは真のプロフェッショナルという事が言えます。

 


彼は、探偵業という仕事で最高のパフォーマンスを発揮するために、観察眼や推理力を限界レベルまで引き上げて、ほんの些細な証拠からも難事件を解決してしまいます。

また彼にとっての恋愛は、論理的な冷静な推理の妨げになるので、生涯独身を貫きます。


難事件を解くためなら、四六時中寝る間も惜しんで事件解決に繋がるような証拠を探し続けますし、24時間365日難事件を解くことを生きがいにしています。


ここまで来て初めて、真のプロフェッショナルという事が言えるでしょう。


SEOだってこれと同じことで、読者の抱える悩みをどのレベルまで解決したいのか、50%解決できれば良いのか、もしくは100%解決したいのかでコンテンツの内容も変わってくるでしょう。


100%人の悩みを解決するという事は、多くの知識量、経験、専門性が無ければなりません。


腰痛を直すのであれば、背骨や人体の構造、医学的知識やトレーニング方法などを知らなければなりませんし、


ライティングのスキル向上についてだったら、文章の書き方や人の心を動かすフレーズ、心理学の要素など多くの知識が無ければいけません。

 

 


最高レベルのSEO

最高レベルのSEOを達成するには、あなたが提供するコンテンツが人々の生活の質を上げること。


誰かの悩みを何とかして、解決したいと考えるようなWebマーケティング手法ができればコンテンツの質は上がっていきます。


真剣にSEOに取り組むことで、読者の検索ニーズを深いレベルまで汲み取り、顕在ニーズのみならず潜在ニーズさえもつかみ取ることができるようになるでしょう。


読者のニーズを正確に捉えることができるようになれば、どんなコンテンツであればその人の為になるのか、悩みが解決できるのか分かるようになります。


最高レベルのSEOを達成するためには、読者の気持ちを本気で読み取る努力をしていかなければならないのです。

 


まとめ:SEOは検索ユーザーが最高に満足でき価値となるコンテンツを意識する


結果を出すためのSEO

①:SEOって一体何?
②:ブラックハットSEOの終焉
➂:ホワイトハットSEOの台頭
④:適切なSEOの理解

 

これからあなたがやるべきSEO対策3つとは

①:SEOの大まかなイメージ
②:コンテンツに対するSEO
➂:SEO内部対策について
④:SEO外部対策について
➄:優先度:1位,コンテンツSEO 2位,内部SEO対策 3位,外部SEO対策

 

SEOを本気でやっていく人が意識すること

①:検索意図とSEOの目的
②:SEOは検索ユーザーへの救いの神


最高レベルのSEO

Follow me!

-ブログ

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5