ブログ

SEOに抜群の効果を発揮するロングテールキーワードについて解説

ロングテールキーワードってよく分からないけど、どんなことにメリットがあるの?
「SEO対策にはロングテールキーワードが良いって言うけど、どんな効果があって、何をしたら良いのか教えて欲しい。」

 

こんな疑問にお答えします。

 

✔ 本記事の内容

・ロングテールキーワードの基本について
・ロングテールキーワードで収益を上げる為の手順
・ロングテールキーワードを考えるにあたって

 

✔ 本記事の信頼性

この記事を書いている私は、ブログ歴1年3ヶ月ほど。今までかなりの量の記事を書いてきましたが、そんな中でもよくSEO対策で話題に挙がるロングテールキーワードについて解説したいと思います。


SEOにおいて重要な戦略でもある、適切なロングテールキーワードの選定方法や、ロングテールで攻めていくことでのメリットなどがあります。


今の時代、個人でやっているブロガーにとってSEOは昔より難しくなっている印象を受けますが、ロングテールキーワードを上手く使うことで、まだまだ収益化の余地は残されています。


また、ロングテールキーワードを積み上げていけばいずれビッグキーワードで上位表示だってできるはずです。


SEOを本気で取り組んでいく方に向けて、SEO対策の一つでもあるロングテールキーワードの大きな存在意義を知って貰えたら嬉しいです。


本記事を読めば、ブログ初心者の方でもロングテールキーワードを使って収益化を今まで以上に実現しやすくする方法について学ぶことができます。


それでは本題に入っていきたいと思います。

 

ロングテールキーワードの基本について



収益化の方法について話す前に、ロングテールキーワードの定義について簡単にご説明していきます。



✔ ロングテールキーワードの基本的な情報

その①:ロングテールキーワードってなに?
その②:ロングテールキーワードにおいてのSEO対策
その③:ロングテールキーワードをすることで得られるメリット

 

その①:ロングテールキーワードってなに?


ロングテールキーワードとは、検索数の少ないニッチな組み合わせのキーワードをいいます。


例えば、e-コマースで世界を獲ったAmazonはロングテールキーワードを使って、事業を拡大させました。

 

当時は、あまり需要の無い商品をネットで見つけるのは難しかったのですが、Amazonは需要の無い商品でもWebサイトを通して販売できるようにし、ニッチな客層にも商品提供を可能にしました。

 

人気では無いが、少なからずニッチな客層がいる商品については、販売窓口さえあれば自然と売れていくのです。

ロングテールキーワードもこれと同様で、ニッチなキーワードで記事を制作する場合に使用するキーワードのことを言うのです。

 

 

 

その②:ロングテールキーワードにおいてのSEO対策


ロングテールキーワードにおいてのSEOは、あまりメジャーに知られていないようなニッチなキーワードで記事のアクセス数を増やしていくSEO対策になります。

 

例えば、「ブログ」のようなビッグキーワードになると競合がウヨウヨいますが、「ブログ おすすめ ジャンル」のような組み合わせ型のロングテールキーワードであれば、ライバルが少なくなり上位表示を獲りやすくなるのです。


ロングテールキーワードは検索ボリュームが少なくなりますので、記事の量を増やしてビッグキーワードにも負けないように数で対抗しなければいけません。


ロングテールキーワードの選び方はもう少し後で、解説します。

 


その③:ロングテールキーワードをすることで得られるメリット

 

ロングテールキーワードを利用することでどんな良い影響があるのかと言うと、ロングテールキーワードを用いた記事は積み上げていけばビッグキーワードで上位表示が可能になるのです。

 

✔ ロングテールキーワードのアドバンテージ

・検索意図が細分化できるので、分かりやすい
・企業が運営するサイトでは扱いにくい
・量を増やせば、ビッグキーワードだって可能

 

ロングテールキーワードを意識すれば、ニッチな読者層を満足させ収益化ができ、量も増やしていけばいずれビッグキーワードで上位ヒットするようになるのです。

 

大きな資本で取り組む企業のサイトが手を付けにくいのがロングテールキーワードであり、個人のブロガーでもロングテールの使い方次第で、法人サイトに対抗することができます。

 

ロングテールキーワードで収益を上げる為の手順



次に、ロングテールキーワードを使って収益化をしていく方法について解説します。

 

✔ ロングテールキーワードで収益を上げる為の手順

①:ロングテールキーワードで収益を上げる
②:ロングテールからのビッグキーワード?
③:ロングテールで必要になってくる記事の文字数は約3,000文字くらい

 

①:ロングテールキーワードで収益を上げる


ロングテールで収益を上げる手順は

「サイトへのアクセス→広告をクリック→成約につなげる」となります。


「あれっ、普通のアフィリエイトと同じじゃん」って思う方もいると思いますが、基本的に普通にブログをやるのと、ロングテールを用いるのは原理は同じです。


通常のSEO対策においてのアフィリエイトとの違いは、ロングテールは検索ボリュームがそもそも少ないので記事を量産し、数でアクセスを増やしていく必要があるということです。

 

ポイント例えば、検索ボリューム10,000あるビッグキーワードで1位を取るのと、検索ボリューム1,000のロングテール記事で1位を取るのとではアクセスも10倍開きが生じます。


要は、ロングテールで収益を上げるには、ニッチな需要を狙って記事を量産する必要があるのです。

 


②:ロングテールからのビッグキーワード?



「まだPVが少ない今の状態では、ロングテールで上位を狙うけど、いずれビッグキーワードでも上を狙いたい」


実はこんな願望を叶えてくれます。


ロングテールキーワードは、数を量産するとビッグキーワードで検索上位を獲れるようになるのです。

 

例えば、「英語 学習」というビッグキーワードを狙う為には、「英語 学習 効率」「英語 学習 アプリ」「英語 学習 リスニング」などのロングテール記事を一つずつ書いていきます。

 

✔ 検索ボリューム数

「英語 学習」1,000,000

↑ 関連記事の内部リンクを貼っていく

「英語 学習 効率」
「英語 学習 アプリ」
「英語 学習 リスニング」

 

このように、関連記事を量産して、ロングテールキーワードで上位を獲りにいく。


その後に、ビッグキーワード記事へ内部リンクとしてロングテールの記事を貼っていくことで、ロングテール記事のアクセスをビッグキーワード記事に流入させそのまま橋渡ししていくことができるのです。

③:ロングテールで必要になってくる記事の文字数は約3,000文字くらい


ロングテール記事に必要な文字数は大体3000文字くらいです。


理由としては、いかにニッチな読者を狙ったロングテール記事といえど、読者の検索ニーズを100%満たすには3,000文字くらいないと情報不足になってしまうからです。


正直1記事あたり、2000文字もいかないような記事ではロングテールでも上位は難しいでしょう。


絶対にたくさんの文字を書かなければいけないなどの決まりはありませんが、とにかく内容の濃いコンテンツを作ることが重要です。


ロングテールの記事でも内容がしっかりしているものであれば、SEO的にも有利になり上位を自然と狙うことができるようになるでしょう。



ロングテールキーワードを考えるにあたって

では最後に、ロングテールの記事を書くにあたってのキーワード選定について解説します。

 
✔ ロングテールキーワードを考えるにあたって

①:ビッグキーワード+関連キーワード
②:検索ボリュームはとりあえずスルー
③:キーワードを選んだらとにかく記事をたくさん書く


①:ビッグキーワード+関連キーワード


ロングテール記事のキーワード選定にあたっては、「ビッグキーワード+関連キーワード」がよいでしょう。


関連キーワードとは、ビッグキーワードと同時に検索されることがよくあるキーワードやサジェストキーワードになります。


例えば、Googleの検索窓に「ブログ おすすめ」というビッグキーワードを入力するとサジェストワードが表示されます。

 

ロングテール記事については、このように出てくるサジェストワードを参考にしながら、キーワード選定をしていけばOKです。


②:検索ボリュームはとりあえずスルー


「ロングテールキーワードはそもそも検索ボリュームも少ないし、アクセスって稼げるの?」


こんな風に思う方もいるとは思います、ですがロングテール記事を書く際は、基本的に検索ボリュームに関してはあまり気に留めなくて大丈夫です。


検索ボリュームが例え少なくても、思いがけないキーワードがヒットする事があるからです。


検索ボリュームを意識しすぎず、誰も考えないようなニッチなワードを考えて攻略していけば良いのです。

 

③:キーワードを選んだらとにかく記事をたくさん書く


ロングテール記事の為のキーワードが選び終わったら、あとはとにかく記事をたくさん書いて、Googleから評価を得れるように努力していきましょう。


キーワード選定したあとに、記事を少しずつ増やしていくことで、ビッグキーワードで上位表示ができるようになるのです。

 

まとめ:ロングテールキーワードを洗い出し、穴場の読者ニーズを狙い撃ちしよう

 

今回は、ロングテールキーワードにて収益を上げていく方法について紹介してきました。


ロングテールキーワードを見つけて、記事を書いていくのは地味な作業かもしれませんが、ビジネスというのは小さな積み重ねがある時とんでもなく大きなリターンを創り出すものです。


一朝一夕には大きな成果を作り出すのは難しいですが、毎日コツコツと積み上げて高みを目指しましょう。

 

Follow me!

-ブログ

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5