ブログ

SEOに特化した記事の作り方【PV数が勝手に増えていく文章術】

100記事、200記事書いても中々アクセスを集められなくて悩んでいる
「どうしたら、安定してアクセスを集められる記事を書けるようになるのか?」

 

こんなお悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

・記事の質だけで、集客力は大きく変化する
・質の高い記事の条件
・検索上位を勝ち取る、SEOライティング術
・検索上位を取るには、最高のコンテンツに仕上げる



本記事の信頼性

 

この記事を書いている私はブログ歴1年9ヶ月。


今回は、ブログで中々アクセスが集められない人向けに、確実に集客できるコンテンツ作成術について解説していきたいと思います。


SEOで結果を出すために、記事の内容をとにかく重視するべきとしきりに皆さん唱えていると思います。


おそらく、あなたも多くの書籍や、ブログ記事を読んできてその意味を理解しているとは思いますが、実際に読まれる記事を書こうとすると何から始めていいのか分からない人が大多数だと思います。


またもし実際に自分の書いた記事の内容が本当に素晴らしいものだったとしても、本当にそれでアクセスが集められるのか分からず悩んでいるかもしれない。

 

結論は、記事を徹底してユーザーのニーズを満たせるようにすることが成功に繋がります。


だが、多くのブロガーたちはユーザーの検索意図を満たせる記事が何なのか理解できていないまま、我流で記事の作成に取り掛かっています。

その結果、検索意図を全く満たせない誰の役にも立たない記事を書いてしまい、結果も当然出ることなくこの世界から去ることになります。


そこで、本記事ではユーザーたちが本当に求めている、コンテンツSEOの概要と、私自身が日頃からやっているコンテンツ作成のやり方を解説します。


この記事を読めば、読者に本当に読まれる記事の書き方が分かりますよ。

 

 


記事の質だけで、集客力は大きく変化する

 

①:記事の質が高いと、勝手にアクセスが増えていく
②:記事の質が悪いと、アクセスは永久に集まらない


Googleの検索エンジンにおいて、上位表示するためにはいかなる理由であれ、コンテンツの内容が最重要ファクターです。


①:記事の質が高いと、勝手にアクセスが増えていく


記事の内容が、検索ユーザーの検索意図を120%満たせるモノだと、アクセスは自然に増えていきます。

良い記事というのは、SNSなどで宣伝しなくても勝手に多くの人に読まれ、拡散され、認知されていくのです。


質の高い記事作りさえ徹底的に行えば、下手に内部SEOや外部SEO対策をしなくても、多くの集客が自動的にできるようになるのです。

 



②:記事の質が悪いと、アクセスは永久に集まらない

 

記事の内容が悪いと、全くアクセスは集まりません。

自分軸で書いた、誰の役にも立たないような記事を上位表示させるのはほぼ不可能でしょう。

 

文章を読むのには、どんな文章であれ脳に負荷が掛かります。

わざわざ脳の無駄なエネルギーを使って、時間を浪費するようなことを読者は絶対にしません。

 

質の悪い記事をどんなに量産しても、アクセスも得られないですし、被リンクだって獲得することはできません。

なのでサイトの評価にも繋がらないです。

 

とにかく人の役に立つ記事を作ることを徹底しましょう。

 


質の高い記事の条件

 

①:質の高い記事とは一体どんなもの?
②:コンテンツSEOを極めると、支持を得られ、拡散や被リンクされる



順に解説します。


①:質の高い記事とは一体どんなもの?


下記の条件を満たすと、コンテンツSEOは成功できると言われています。

 

1. 検索読者が求めている情報をピンポイントで提供
2. 読者の、悩みを一発で解決
3. 読者のニーズを120%満たすことができる

 


例を挙げるのであれば、「英語 ペラペラ」で検索する人は、英語が流暢に話せるようになりたいと思っています。

なので、英語を話せるようになるようなコツを教えている記事であれば、検索読者からは感謝されるでしょう。


ですがそれだけでは、まだ十分ではありません。


「英語 ペラペラ」で調べる人の本当に叶えたいモノって何だと思います?


パッと見て「英語がただ話せるようになりたいだけじゃない?」と思う方もいると思います。 それは表面的なものであり、その背景には、英語を流暢にネイティブ発音で話せるようになりたいと思っており、「ネイティブのように話して、周りからもカッコイイ思われたい」という潜在的な願望があるのです。

 


このような、潜在的な願望を叶えてあげるには、全く英語を話せない人が記事を見て、書いてある通りに実践するだけで再現できるくらいに分かりやすい記事に仕上げる必要があります。


そのために、動画や画像を使って誰でも再現できるように、ネイティブ発音の方法を教えてあげる必要もあるかもしれません。


読者にとって本当に役に立つ記事とは、実際に読んだ人が再現できかつ、満足いく結果を出せるような記事でなければなりません。


②:コンテンツSEOを極めると、支持を得られ、拡散や被リンクされる


検索ユーザーが潜在意識の中で求めている情報を提供することができれば、SNS上で多くのシェアや被リンクを得ることができ、上位表示もされるようになります。


逆に、独りよがりの記事になってしまうと、ユーザーの求める情報に合致せずに誰からも必要とされない記事になってしまいます。


もしSEOで大きな成果を出して、自分の事業を成長させたい場合、独りよがりの売り込み感MAXな記事ではなく、ユーザーの潜在意識を徹底的に理解し、読んだ人の心を動かすような突き刺さるコンテンツを作ることが成功のカギです。


それに特化すれば、検索エンジンからの集客は間違いなく上手くいくでしょう。

 

 



検索上位を勝ち取る、SEOライティング術

 

①:SEOキーワード選定術【ロングテールを狙う】
②:キーワードの検索意図を深く理解する
➂:記事の構成を考える
④:コンテンツの作成
➄:コンテンツの確認作業、リライト


この章では、私が普段行う記事の作り方を解説していきます。

このやり方を再現すれば、多くのアクセスを集める記事ができあがるでしょう。

 


①:SEOキーワード選定術【ロングテールを狙う】


ブログの記事でどういう内容に仕上げていくかは、全てSEOキーワード次第です。


コンテンツSEOを成功させるには、ユーザーの検索意図を120%満足させる必要があります。

なので、「ユーザーはどんな情報を探しているのか?」という点において、徹底的に掘り下げていきましょう。


まずはキーワードの洗い出しを徹底しなければいけません。


例えば、「腰痛 改善」で検索する人は、今持っている腰痛をすぐに解決できる方法を知りたいから検索しているだろうし、「ダイエット 食事制限」と検索する人は体重を減らすためには、どんな食生活をしなければならないか知りたがっていることが分かります。


検索キーワードは読者のニーズをピンポイントで表現できる心の声のようなモノなのです。


なので質の高い記事を書くために、あなたが第一にやることは検索キーワードからユーザーのニーズ(願望)を的確に捉えていくことなのです。

 


②:キーワードの検索意図を深く理解する


記事に使うSEOキーワードを選んだら、そのキーワードで検索する人の置かれた立場、状況を把握し、何を求めて記事を読んでいるのか理解しましょう。


例えば、「肩こり 治し方」というキーワードで、肩こりがある人で全員が治し方を調べるわけでもないし、「肩こり 薬」「肩こり 整体」などの関連キーワードで検索する人もいます。


そもそもなぜ「肩こり 治し方」で検索するのでしょうか?


「肩こり 治し方」はそんなにひどいものでは無いので、手っ取り早く治す方法を探しているのかもしれない。「肩こり 薬」で検索する人は、色んな改善方法を試したが、一向に改善されないので薬の力に頼ろうとしているのかもしれない。


また「肩こり 整体」は、自分の力ではどうにもならないので、プロの手ですぐにでも改善したいと考えているのかもしれません。


これらのように、キーワードによって、読者の状況や求めている記事の内容も変わってくるのです。


なのでユーザーが検索を掛けてくるキーワードには、どういった背景があり、どんな悩み/問題があるのか分析しなければいけません。


読者の真に求める情報は何なのか、的確に把握し、それをピンポイントで解決できるような満足のいくコンテンツ作りをしていくのです。

 

 


1. 顕在ニーズと潜在ニーズについて

説明した通り、ニーズには下記の2種類があります。

・顕在ニーズ:検索ユーザーが求めている表面化されているニーズ
・潜在ニーズ:ユーザー自身も気付いていない、心の奥底に眠っているニーズのこと


例えば、「コンテンツSEO」で検索する人の表面的ニーズは、コンテンツSEOのやり方、それが及ぼす影響などを知ること。そして、潜在ニーズはというと、中々集客できないWebサイトのアクセスを増やし、長期的に安定したアクセスを獲得することでしょう。


つまり、コンテンツSEOには以下のようなニーズが隠されているのです。

・顕在ニーズ:コンテンツSEOとは一体何か知りたい
・潜在ニーズ:本質を捉えたSEOで、長期的に安定したアクセスの集め方を知りたい


顕在ニーズだけではなく、潜在ニーズさえも汲み取り、問題を解決できるような記事が読者にとって最も理想なコンテンツであり、かつ多くのアクセスを呼ぶことができるのです。

 


2. ペルソナの設定

 

キーワードで検索してくる人のユーザー像を設定することをペルソナを設定するとも言います。


検索ユーザー像は、その人物がどのような背景で、その記事に訪問し、現在どのような状況に置かれているのか、人物像を細かく設定することをいいます。

 

例えば、下記のペルソナを見てください

 


今、ブログを始めて約1ヶ月が経つけど、WordPressに少しずつ慣れてきたところ。

自分はブログで月5万円程度の収入を目指しているが、正直記事の書き方もSEOの対策方法も良く分かっていない。


雑記記事は10本ほど書いてみたが、全然アクセスは無い状態。


ブログ記事もどんなネタを書いていったら良いのか、ジャンルの方向性も定まっていないので自分のサイトに訪問するユーザーのターゲット層をどうしたら良いのかも分からない状態。


このままだと月5万円達成できるどころか、あと2ヶ月もしないうちに挫折しそう。

実際書きたいことが分からないので、手が動かない。


ブログのジャンル選びはどうしたら良いのか、記事を書くWebライティング術やSEO対策なども詳しく教えてほしい。

 

このようにユーザー像を想定することで、ユーザーが求めているコンテンツを適切に提供することができるのです。

 



➂:記事の構成を考える


ここまで検索ユーザー像の設定がイメージできてきたら、ユーザーが求める情報、抱える悩みなどが把握できるようになります。

検索読者の120%満足できるコンテンツを作るために、まずは文章の大まかな構成を考えていきましょう。


・タイトル

タイトルは記事を作るにあたって、最も重要な要素になります。

タイトル次第でどれくらいのクリック率が得られるか、大きく変わるからです。

ターゲット読者に対して、記事を読むことで得られるベネフィットが訴求できるようなタイトルを付けましょう。


・書き出し

書き出しは、タイトルをクリックして訪問したユーザーの関心を引き寄せ、その後の本文をできる限り読んでもらうための役割を担っています。

その記事を読むことで、読者が得られるメリットや解決できる問題/悩み事などを書いていきましょう。


本文

本文は、検索キーワードで訪問するユーザーのニーズを満たせるような内容を、小学生にでも分かるように説明し、誰がやっても再現できるような事を書かなければいけません。

このパートは記事の心臓部なので、徹底的に検索意図を満たせるように作りこんでいく努力が必要になります。

 

結論

結論部分は、記事の中で一番ユーザーが理解しておかなければならない部分であり、一番伝えたいことを書く必要があります。

例えば、ブログ集客であれば、内部SEOや外部SEO対策などよりも、記事の質を徹底的に磨き上げることが圧倒的な集客を生み出す唯一の方法であり、一番の近道であるなどです。

 

 


★記事構成の実例

 

キーワード コンテンツSEO
検索ボリューム 1000~1万
仮タイトル 3ヶ月で結果を出せるコンテンツSEOの手法
書き出し

記事をどれだけ書いても、検索上位表示を獲得できずに悩んでいませんか?

我流で上位表示を連発できるほどブログの世界は甘くありません。

記事で思い通りに検索上位を取るには、コンテンツSEOとキーワード選定などに特に気を付けなければいけません。

この記事を読めば、検索上位を連発できるコンテンツの作り方が分かります。

本文

1. コンテンツSEOを極めれば、圧倒的な集客ができるようになります。

 1-1. コンテンツSEOの数字の結果
   - Google アナリティクスの結果
   - SEOの効果とそれが結果に出るまでのスピード
 1-2. 実績が出た理由
   - Googleの歴史
   - SNSマーケティングの台頭
   - 若者たちのSNS全盛期

2. コンテンツSEOの正しい戦略術

 2-1. コンテンツSEOでやるべきことはたったの3つ
   - ほとんどの競合はコンテンツSEOができていない
   - 読者の検索意図が掴めない人が圧倒的多数、だから成功できない
 2-2. コンテンツは量も質も重要
   - 記事を書くだけじゃだめで、質を最高のモノにする
   - とにかく情報量は豊富にし、読者のニーズを120%満たす
 2-3. 従来型のブログ戦略では上位は勝ち取れない
   - 本当に読者の役に立つ記事でないと、誰にも読まれない

3. コンテンツSEOの大まかな流れ

 3-1. コンテンツSEOの王道戦略
   - ユーザーニーズを120%満足させるコンテンツとは
 3-2. トップブロガーが実践するコンテンツSEOの手順
   - 図
   - 使用ツール
 3-3. どんな記事にも絶対に手を抜くことなく、最高品質を維持する
   - 記事次第で、サイトは成長する
   - 低品質な記事は、サイト評価を下げる

4. まとめ

結論

コンテンツSEOとは、読者の検索意図を120%満たすことのできるコンテンツ作りの事である。

 

検索キーワードを使って検索するユーザーは、どのような人物で何を必要とするのか、徹底的に考えて、ユーザーの潜在意識まで深く読み取ることが重要です。

ユーザーの抱える悩みを的確に把握し、完全に解決できる情報を提供すればコンテンツSEOは自然と成功します。

ユーザー像をしっかりとイメージ化し、検索ニーズを120%満たせるようなコンテンツ作りを目指そう。



④:コンテンツの作成


それではさきほど解説した、記事構成の実例を参考に、コンテンツ作りに挑戦してみましょう。


記事を書いていく過程で、画像や動画を入れたりしてユーザーの満足度を高めても良いでしょうし、分かりやすさをとにかく重視していきましょう。


例えば、「腰痛 改善法」みたいなキーワードであれば、動画/写真などでストレッチの仕方を説明した方がより分かりやすいと思いますし、文字だけでは伝えきれない情報だって出てくるはずでしょう。


記事を書いていく内に、さきほどの文章構成よりも、「より詳細に説明する部分」、「省く必要のある部分」が見えてくるので、常に読者の目線で最高の記事を作り上げることを意識してください。


自分軸で物事を語らないよう、売り込みにならないようユーザーファーストで記事を書いていきましょう。

 


➄:コンテンツの確認作業、リライト


記事が書き終わったら、それで終わりでは無く何度もチェックを繰り返し、必要ならばリライトしていきましょう。

読者の満足が得られないような記事は、公開する必要もないはずです。


リライトの際にチェックすべきポイントは下記になります。


・自分が読みたくなるか
 その記事は自分自身が興味を持てるような内容になっているか?自分が興味を持てないモノには他人だって、関心を抱くはずが無い。

・売り込み色が強くないか
 自分の利益のために、売り込みばかりの文章を書いていないか注意しましょう。
売り込みがユーザーに分かれば、警戒され読者が離れていってしまいます。
99%の人間は、あなた自身にまったく興味はありません。ここで重要なのは、いかに読者が喜ぶ情報を提供し続けられるかという事です。
誰かの役に立つ記事は自然とアクセスを増やし、読まれるようになっていくものです。

・再現性のある記事となっているか
 質の高い記事というのは、読者の悩みを解決できるレベルにあるかどうかが重要な分かれ目です。
素人の人でもあなたの書いた記事を実践し、再現することが確実にできるくらい分かりやすく書かれていればその記事は役に立つと言えるでしょう。

・タイトルは読まれるタイトルになっているか?
 読まれるタイトルには次の要素が含まれています。①メリットが明らかに分かる。②具体的に書かれている。➂数字で明確化されている。④32文字以内である。 この4つは特に重要なので、覚えておきましょう。

・書き出しで関心を惹きつける
 その先も読んでみたいと思われるような書き出しは、①問題提起をしており ②問題の解決策を提案して ➂解決策が本当に有効であることを証明できているかどうかです。
書き出し次第ですべてが決まるので、特に念入りに考える必要があります。

 

 

Follow me!

-ブログ

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5