ブログ

事例/たった10ヶ月で14.6億円の売上を出したコンテンツマーケティングの手法とは

ブログ、Webサイトを運営しているけど集客に伸び悩んでいて、どう対策していいのか分からない...
「人が集まる記事の書き方が分からない、どうすれば数十万PVを稼いでいるようなブログ/Webサイトを作ることができるの?」

 

こんなお悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

・たった10ヶ月で14.6億の売上を出した不動産会社の事例【コンテンツマーケティング】
・月40万PVを稼ぐには、顧客価値の追及を最大化する
・月40万PVを稼ぐSEOテクニック

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私はブログ歴1年9か月。

この記事では、わずか10ヶ月で14.6億の売上を出した不動産会社のコンテンツマーケティング手法、事例を紹介します。


今ブログ/Webサイトの集客で伸び悩んでいる方、コンテンツマーケティングの手法がいまいち良く分からない方、SEO対策が的確に出来ておらずPV数が停滞している状態の方向けには特に参考になる記事になっています。

 

アクセスに繋がる、コンテンツマーケティングは一朝一夕にできるものではありませんが、正しい方向に正しい努力をしていけば必ず月に数十万PVに到達するようなサイトを構築できることをお約束します。

この記事はバズ部さんの「事例/わずか10ヶ月で14.6億円の売上を叩き出したコンテンツマーケティング事例」を参考にして作成しました。


たった10ヶ月で14.6億の売上を出した不動産会社の事例【コンテンツマーケティング】

それでは、コンテンツマーケティング成功事例について早速解説していきます。


✔ たった10ヶ月で14.6億の売上を出した不動産会社の事例【コンテンツマーケティング】

①:コンテンツマーケティングの結果
②:成果を出すコンテンツマーケティングのポイント
➂:コンテンツマーケティングの取り組みに重要なアドバイス


①:コンテンツマーケティングの結果


武蔵コーポレーション様はサイト公開からわずか10ヶ月で合計売上が14.6億円に到達しております。

こちらの不動産会社で販売している物件は1件あたり、7000~8000万円ほどの価格ですが、こういった高額物件をコンテンツマーケティング初めてわずか10ヶ月で20棟も販売することに成功しているのです。


また狙ったキーワードでSEO上位表示を連発することにより、サイト公開後たった10ヶ月で月40万PVを超えるまでにサイトが成長しております。


短期間でこれほどまでにアクセスを集めることができた要因としてはSEOが大きいです。

選定したSEOキーワードで上位表示を量産するようになると、アクセスが急激に伸び、安定したアクセスを得られるようになったのです。


「不動産投資 節税」「一棟アパート投資」「不動産投資 経費」

こういったキーワードで検索1位を連発。


元々こちらの会社はメルマガ広告、運用型広告などの「広告」に頼る集客をしていたようですが、広告を出さなければ集客できないという費用的、体力的な負担が重荷となり、SEOの集客にシフトしていったようです。

 

 

②:成果を出すコンテンツマーケティングのポイント

 

1. 徹底的にコンテンツの質を高めることにこだわること
2. 競合優位性を高めるためのコンテンツ作成術


1. 徹底的にコンテンツの質を高めることにこだわること


成果を出すコンテンツマーケティングをするには、「徹底的にコンテンツの質を高めることにこだわること」です。


こちらの不動産会社の例でいくと、「検索シチュエーションの特定」との事。

例えば、検索エンジンを利用するユーザーは何かしらの状況にいる状態です。

 

それは悪質な不動産投資の詐欺に合っているユーザーだって少なくありません。


そういった不動産投資に対して、警戒心を抱いているユーザーには、詐欺師が使うような言動や特徴を敏感に反応することが予想されます。

その際に重要なポイントとしては、「顧客の最高の結果」を考えること。

 

記事の文章の中で詐欺師が用いるような表現をしないように、細心の注意を払わなければならないでしょう。


投資の世界では特に誇張するような表現は警戒心を増やすことに繋がります。


こういった、怪しい表現を控える、誇張表現をしないようなユーザーに対しての配慮をすることで、ユーザー自身が最適な意思決定ができ、最高な結果だって生まれてくるのです。


ユーザーに対しての配慮や最適な意思決定のサポートをすることで、読者の満足度を高めることができ、結果的に月間40万PVものアクセスを集めるサイトが構築できるのです。





2. 競合優位性を高めるためのコンテンツ作成術


一般に不動産業界はコンテンツマーケティングに取り組む企業は多く、競合優位性を高めることが重要です。


武蔵コーポレーション様がこだわったのは、一歩踏み込んだ行動提案。

単なる語句の解説にすれば、他の企業と大差のないコンテンツなってしまうと想定、なので会社の発信したい主張を明確化し、ユーザーが行動できるレベルまで情報を研ぎ澄ませて、主軸となる主張を一貫して訴え続けることにこだわるのです。

 

例えば、不動産用語で出てくる「サブリース」の意味や仕組みの解説は誰でもできるので、差別化を図るのは困難です。

ですが、このサブリースを契約すべきか否かまで踏み込んで、主張することができればユーザーに行動まで促すことができ、顧客価値の最大化に繋がるのです。


➂:コンテンツマーケティングの取り組みに重要なアドバイス


今回紹介した不動産会社 武蔵コーポレーション様は、10ヶ月で月間40万PVを達成するために、メンバーである新卒1年目、2年目の社員にひと月に20冊以上の書籍を読み込んで貰ったり、社内を駆け回り情報収集、不動産投資の知識を徹底的に仕入れ、とにかくインプットにかなりの時間と労力を費やしたようです。

 

これらを経験した新人社員は、1年たった後、自分ひとりでもお客さんの投資相談に受け答えできるほどの知識を身に付け、短期間のうちに社員各個人の能力も飛躍的に上がったとの事。


また1記事あたり、どれだけ早く書き終えても5~6時間ほどは要しますので、コンテンツ作成がとても大変という事、休日でも頑張ってコンテンツ作成するしかなかったようです。


アクセスを集めるためのコンテンツを作り上げるのは容易なことではありません、

ですが地道な努力を乗り越えれば必ず大きなアクセスを呼び来むサイトが出来上がることも今回の事例では証明することができました。



月40万PVを稼ぐには、顧客価値の追及を最大化する

さきほどの説明でもあったように、月間40万PVを稼ぐには顧客(読者)の得られる価値を最大化することです。

 

また読者の価値を最大化するためには、人によってどんな情報に価値があるのかその人の状況次第とも言えます。


貯金の無い人に対して、不動産投資の節税対策を提案したって仕方がありません。

 


貯金の無い人には、正しく貯蓄するための節約術や、生活費の切り詰め方を提案した方がよっぽどその人にとっての価値ある情報になると言えます。


また業界やジャンルによって、必要となる情報や知識は全く異なってきます。


ターゲット読者に必要となる最大価値の提供を行うには、その分野に精通できるほどの知識量、インプットが必要と言えます。


常に日頃から、読者にとって有益な情報を提供できるくらいの知識の習得も習慣付けて、積極的に行っていきましょう。





月40万PVを稼ぐSEOテクニック

最後に具体的なSEOテクニックについても、サクッと解説します。


月40万PVを最短効率で稼ぐようなSEOテクニックは、実はありません。


最短効率でPVを稼ぐようなテクニックは無いのですが、その代わり上記の事例のように最短で結果を出している人たちは、その分野について徹底的に勉強をし、読者にとって何が一番最大価値に繋がるのか常に考えて行動しています。


今回の記事の中で特にキーポイントとなるのが、「その人の置かれた状況によって、最大価値に繋がるモノは異なるという事です。」

なので、自分が選定するキーワードで検索してくる読者は、果たして今どんな状況にいることが考えられるのか?


どんな情報であれば、読者の検索意図を汲み取ることができてかつ、読者の満足度を120%満たすことができるのか?


これを徹底的に追及することで、無限のアクセスを生み出すサイトが誕生するのです。


一朝一夕には作り上げることは難しいですが、根気よく日々追及していくようにしましょう。

 

まとめ:事例/たった10ヶ月で14.6億円の売上を出したコンテンツマーケティングの手法とは

 

✔ たった10ヶ月で14.6億の売上を出した不動産会社の事例【コンテンツマーケティング】

①:コンテンツマーケティングの結果
②:成果を出すコンテンツマーケティングのポイント
➂:コンテンツマーケティングの取り組みに重要なアドバイス

 

✔ 月40万PVを稼ぐには、顧客価値の追及を最大化する


✔ 月40万PVを稼ぐSEOテクニック

Follow me!

-ブログ

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5