ブログ

【パワー値20は必要】SEOとドメインパワーを強化するやり方

ブログ運営しているんだけど、SEO対策もあまりできていないし、ドメインパワーだって0の数値のまま...
「検索上位を獲得するためのSEO対策と、ドメインパワー数値の上げ方について教えて欲しい!」

 

こんなお悩みを解決していきます。


本記事の内容

・SEOを意識したドメインパワーの強化方法
・SEOを意識してドメインパワーを強化すると


本記事の信頼性

この記事を書いている私は、ブログ歴1年8ヶ月。

自分自身のサイトを運営していて思う事は、サイトのドメインパワー値が低いと思うように記事の順位が上がらないという事です。


ドメインパワー値があればあるほど、投稿した記事が上位表示されやすくなりライバルたちの記事を抜きやすくなります。


今回の記事ではSEOとドメインパワーを強くする具体的な施策について説明していきたいと思います。



ドメインパワーをチェックしよう!


それでは早速、ご自身のドメインパワー値をパワーランクチェックツールを使って数値を調べてみましょう。


トップ画面の入力画面で自分のサイトアドレスを入力するだけで、サイトのドメインパワーを測定することができます。


SEOを意識したドメインパワーの強化方法


✔ SEOを意識したドメインパワーの強化方法

①:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【被リンクを使う】
②:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【サテライトサイトを使う】
③:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【記事数/文字数を増やす】
④:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【更新頻度/クオリティの向上】
⑤:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【内部SEOの強化】

 

①:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【被リンクを使う】


 

基本的にSEO対策をしていけば良いのですが、ドメインパワーを上げるには被リンクが大きな影響を与えます。


例えば、下記のような記事があるとします。

 

・ワードプレスおすすめプラグイン7選⇦被リンク数20本
・ブログで検索上位を獲得するためのSEO対策⇦被リンク数13本
・月5万円稼ぐための、ブログ記事の書き方⇦被リンク数7本

 

上記のように、被リンクの数が多ければ多いほど、各記事のドメインパワーが上がり更にそのままWebサイトのドメインパワー向上にも繋がります。



②:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【サテライトサイトを使う】



一般的な方法として、サテライトサイトを作るのはかなり有効な手段であります。

 

・サイト1:IT系の転職サイト
・サイト2:Webエンジニア系の転職サイト


このように同じようなジャンルで、関連サイトを作り、Webエンジニア系の転職サイトからIT系の転職サイトに被リンクを付けてアクセスを流し込むことでIT系の転職サイトのドメインパワーを強制的に上げることができるようになるのです。


このやり方であれば、記事ごとに上位表示取れたりできます。またGoogleからもスパム判定は受けないです。
※念のため自己責任でどうぞ


またあまりやり過ぎるのは良くないですが、収益性が高いキーワードを特定できている場合、メインサイト、サテライトサイト、外部メディア寄稿など駆使すれば検索上位を一気に勝ち取ることができます。

 


③:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【記事数/文字数を増やす】


他にもドメインパワーを強くするには、サイトの記事数を増やしてみてください。

キーワードと関連する記事を量産していくと、検索エンジンからも評価されるようになり、ドメインパワーが上がっていきます。

 

ただがむしゃらに記事を量産していいわけでもなく、質の低いコンテンツをむやみに作っているとサイトの評価を下げることに繋がりますので、あくまでクオリティの高い記事を追及しましょう。


また記事の文字数も気を付けたいところです。

文字数が少なくなると、記事の中身が薄くなりユーザーの満足度を下げる形になります。

文字数を増やしていけば、情報も増え、ユーザーの満足度を上げることができるのでその結果「滞在時間」や「直帰率」などが改善されて、検索エンジンの評価にプラスとなるのです。


④:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【更新頻度/クオリティの向上】


記事の更新頻度を上げることもパワーの向上に繋がります。

 

ドメインパワーはサイトを立ち上げて、年数が経てば経つほどに強くなる傾向がありますが、更新頻度が少ないとドメインパワーは中々上がっていきません。

いくら質の高い記事を書いても、1ヶ月に一回程度の投稿数ではパワー数値は改善されないでしょう。

さらに、更新頻度を上げることと並行して、記事の質にもこだわりましょう。

 

ここ近年は、記事の内容がより重視されるようになってきました。

文字数が多いだけとか、キーワードの量などを増やすなどしたテクニックが評価されづらくなったといえます。

ユーザーにとって必要なのは、悩みや問題を解決できるような情報なので、あくまでユーザーにとって何が一番必要とされるのか考えていかなくてはいけません。




⑤:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【内部SEOの強化】


5つ目として、サイト内のSEOの強化です。


サイトデザインや、記事への導線などユーザビリティーを高めておかないと、読者は途中で離脱するようになってしまいます。

また記事をスクロールした際に見やすくなっているか、表示速度は速いのか、文字は読みやすく適切な大きさなのか、改行や行間などを意識して読んでいて疲れないかなど、読者への配慮を徹底しましょう。

こういった対策は「滞在時間」や「直帰率」の改善に繋がるので、最低限押さえておきたいところです。

 

 

SEOを意識してドメインパワーを強化すると

✔ SEOを意識してドメインパワーを強化すると

①:ドメインパワーが高いと上位表示が容易になる
②:検索エンジンへの登録が早まる


①:ドメインパワーが高いと上位表示が容易になる


ドメインパワーが20を超えてくると、検索順位が上がりやすくなってきます。

ドメインパワーが上がることで、メディアが検索エンジンに評価されるので、優先的なアクセスが得られるようになっていきます。


ブログ立ち上げ時はあまり、アクセスを取ることができないですが、早めにドメインパワーを上げることでこの問題は解決できます。

パワー数値の低いサイトと高いサイトが同じ内容の記事を投稿したら、パワー数値が高いサイトの方がより上位表示することが容易となります。

 




②:検索エンジンへの登録が早まる


2つ目の良い点として、ドメインパワーが高まれば検索エンジンへ登録されるまでの時間は短くなります。


ドメインパワーが強いサイトの場合、Googleクローラーというロボットがサイトを何度も訪れるようになります。

この結果、記事投稿後にすぐにクローラーが記事情報を取得して検索エンジンへのインデックス登録を速やかにするようになるのです。


ドメインパワーが弱いサイトだと、Googleの検索エンジンへの認識までに時間が掛かりなかなか上位表示されにくいですが、パワーの強いサイトは投稿して数時間程度で上位を取る可能性が出てきます。



まとめ:【パワー値20は必要】SEOとドメインパワーを強化するやり方

 

✔ SEOを意識したドメインパワーの強化方法

①:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【被リンクを使う】
②:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【サテライトサイトを使う】
③:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【記事数/文字数を増やす】
④:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【更新頻度/クオリティの向上】
⑤:【SEO】ドメインパワーを強くする方法【内部SEOの強化】

 

✔ SEOを意識してドメインパワーを強化すると

①:ドメインパワーが高いと上位表示が容易になる
②:検索エンジンへの登録が早まる

 

Follow me!

-ブログ

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5