ブログ

コンテンツとは読者の「ライフステージ」を上げるためのもの

ブログで質の高いコンテンツを作るにはどうすれば良いの?
「いつも記事を書くときにどんな内容を書いていいか分からない... いつも薄っぺらい内容になってしまう。」

 


こんなお悩みを解決していきます。

 


本記事の内容

・コンテンツとは読者の「ライフステージ」を上げるためのもの
・質の高いコンテンツはどう作れば良いのか
・質の高いコンテンツを作るためのアドバイス

 


コンテンツマーケティングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

現代においてのブログ運営では、質の高いコンテンツを作らない限り、Webマーケティングの世界で成功を収めることがかなり難しいです。

 

ですがほとんどのブロガーの方たちは、コンテンツ作成に対する力の入れ方が弱い印象を受けます。

 

何となくの「思い付き」の記事では、圧倒的なPV数や高いコンバージョン率を確保することはほとんど不可能でしょう。


楽して、手抜きの記事を書いたところで、SEOの外部の被リンク集めと同じように継続した成功はほとんど期待できません。

 

 

多くの人を集めるコンテンツを作るには、常に読者にとって役に立つものでなければならず、例えばユーザーファーストを意識すればマーケティングにおいて今まで想像すらできなかったような、大きな成果を叩き出すことができるのです。

 

本記事では、あなたがコンテンツマーケティングを実践して、多くの質の高いアクセス、コンバージョンを獲得して、今あるビジネスを加速度的に成長させることを約束するために、以下の3つを解説していきます。

 

  • そもそもコンテンツとは一体?
  • 質の高いコンテンツを作るには何をしたら良いのか?
  • コンテンツを作る際に、意識するべきこと


これらの基本について、理解した状態でコンテンツマーケティングを実践することで、今まで想像もできなかったような結果を出すことが可能です。

 

また、今、名のある企業に勤めている方も、「今の自分のやっている仕事は人々の役に立てているのだろうか?」「自分の会社は、社会に必要とされるような価値の高い組織なのか?」と考えている方であれば、会社の中でも付加価値の高いものを生み出すことができ、かつ社会にとって本当に必要なモノを提供できるようになるはずです。

 


コンテンツとは読者の「ライフステージ」を上げるためのもの



まず結論からいきますが、マーケティングに必要とされるコンテンツは下記になります。


【コンテンツとは読者の「ライフステージ」を上げるためのもの】

 

もし今後、あなたがWebマーケティングを駆使してビジネスを大きくしていきたいと考えるのであれば、この定義を徹底して追及したコンテンツ作りにしていきましょう。

これをするだけで、あなたがやっているビジネスの内容そのものが改善され、大きな利益を確保することができると言えます。

 

実際のところ、ほとんどのブログサイトで出回っている記事は、この定義を満足に満たしておらず読者の期待に沿えないモノになっています。

 

まずは質の低いコンテンツを、良質なモノにするには何をしたら良いのか原因を把握するようにしていきましょう。


まずやるべき事は下記です

  • マーケティングの世界で『コンテンツ』はどういったものが理想とされているか
  • どういう過程を経て、それらの『コンテンツ』は完成されるのか

 

①:理想の「コンテンツ」とは一体どうあるべきなのか

 

現在のマーケティング業界においては「コンテンツ」と言われたら、下記のような言葉が使われます。



「コンテンツの種類」  
良質なコンテンツ 読者の生活に役立ち、有益な知識やノウハウを提供するもの。読者の人生にとっては、絶対にプラスになる。
低品質なコンテンツ 読者の人生にとって、何の変化ももたらさないもの
悪質なコンテンツ 自社の利益のためだけに、間違った情報やノウハウを提供するもの。読者のマイナスになることの方が多い

 

実はWebマーケティングの世界では、コンテンツといったらほとんどが低品質か悪質なコンテンツであることが多いのです。

 

例えるなら、「FXの自動売買ツールで毎月不労所得が手に入るようになりました!」というような、楽して儲けよう!という甘い話がそこら中に出回っているのです。

これらのねじ曲がった嘘の情報で読者を騙して、儲けようとする業者は後を絶ちません。

 

このような、「いかに読者を騙してお金を稼ごうとする」業者や企業は、ほとんどが長期的な成功はできず数年もしないうちに姿を消しているはずです。

本質的な価値を生み出さない限り、Webマーケティングの世界では成功を収めることはできないのです。

 

 

 

②:どういう過程を経て、それらの『コンテンツ』は完成されるのか



マーケティングが、「社会全体において価値あるモノを提供するための活動であるならば」質の悪いコンテンツが出回るのは良いはずがない。

 

この問題を解決するためにも、より良いコンテンツを創り出していくプロセスを、各工程を参考にして把握しておく必要があります。


下記をご覧ください。

 

  悪質なコンテンツ 低品質なコンテンツ 本来のコンテンツ
本質 自己実現の追求 顕在ニーズだけを満たす

潜在ニーズさえも満たす

作り手の視点 自分の利益のみ 顧客に沿うのみ

読者の満足度を120%満たす

作品の程度 嘘で塗り固められる 既存との差別化

既存の発展

コンテンツによって得られる人生の質 下がる 変化なし 上がる
作るきっかけ 金儲け 必要とされ仕方なく 付加価値の追求
作り手の思考回路 シーズ シーズ+ニーズ ニーズ
具体例 ~やるだけで不労所得獲得 差別化のみのありきたりな商品 ・コードレスイヤホン

 

※シーズとは

「会社のいまある資源の中だけで最大限に稼ぐには何をすれば良いのか」という発想を元として、コンテンツを作る姿勢を示す。

 

上記の表は、各コンテンツが生まれるプロセスを比較するためのものです。

 

 


1-2-1 悪質なコンテンツは、自分の利益しか考えていない



悪質なコンテンツは、よりお金を稼ぐために、今ある既存の資源をどう組み合わせれば売れるようになるのかという思考回路で作られます。


「人の役に立つ」という思考ではなく、「どのくらいお金を稼げるか?」に焦点を置かれているので、結果として、生み出されるコンテンツは嘘で塗り固められたモノが大半なのです。

 

例えば、「FXの自動売買ツールで月収30万円の不労所得獲得」みたいなものは、完全にでたらめで、科学的な実証もされておらず適当にでっち上げただけの作り話です。

 


一時期SEOの業界で、流行した成果報酬型SEOは依頼があったサイトに、適当な自作自演の外部被リンクを貼り、依頼分の数%のサイトが瞬間的に上位表示されれば報酬がもらえるというビジネスなのです。

残りの大部分はGoogleのペナルティを受け、BANされてしまいます。

また依頼主のサイト運営者も、上位表示された時のみお金を払えば良いので、一見するとWin-Winのビジネスにも見えてしまいます。

 

このように悪徳業者が作るコンテンツというのは、大概悪質なモノが多いのです。


また現代にもこうした悪徳業者はそこら中にはびこっているので、消費者側の人間はこうした詐欺まがいのビジネスモデルを見抜く力を養わなければならないです。

 



 


1-2-2 悪質なコンテンツは、自分の利益しか考えていない


質の悪いコンテンツにおいては、「仕事で給料をもらうためにやる」という考えで、生み出すコンテンツの作成者が多いのです。

誰かからやらされているという意識で仕事をしてしまうと、与えられた事しか達成できないため、読者が感動するようなコンテンツは生まれにくいでしょう。

 

そんな消極的な姿勢だと、顕在ニーズを満たすくらいしかできないです。


まずは、顕在ニーズと潜在ニーズの違いについて理解してください。

 

  定義
顕在ニーズ その分野に関しての、知識/経験が乏しい初心者の人間が持っている願望。 FXとかで、短期間のうちにお金を稼ぎたい
潜在ニーズ その分野で出来うる限りの努力や経験を積んでおり、すでに相当な知識を持っている人のニーズ。 コンテンツSEOを駆使して、月10万PVくらいを叩き出すサイトの作り方を知りたい


ここでの注意点としては、顕在ニーズに応えるだけでは良いものが生み出せないという事です。

 


例えば、腰痛改善をする際に、近所のマッサージ屋や整体に行ってもその日には少しは改善されるかもしれないですが、3~4日経てばまた元の腰痛が発症してしまうかもしれません。


この場合に、顕在ニーズに応えるだけでは、本当の意味での解決には繋がりません。


このケースでは、顕在ニーズに応えるのではなく、整体などの短期的な改善策で解決しようとしないこと、根本的に腰痛を治すには何に取り組めば良いのか考えなくてはならないのです。

 

 

➂:読者の「ライフステージ」を上げるための本当に価値のあるコンテンツを作ること

 


もしあなたが、これから本気で自分のビジネスを大きく成長させたいのであれば、


【コンテンツとは、読者の「ライフステージ」を上げるためのもの】


という定義を満たすことのみに焦点を合わせましょう。

 

この定義を見て、本当に利益を生み出せるようになるの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

ただ少し考えて欲しいのですが、


あなたがどうしようもないほどの腰痛を抱えているとして、どこかで治療できる整体を探している時に、「腰痛 改善」で調べたら、2つのサイトを発見しました。

 

一方のサイトは記事の内容がどこか論理性に欠けていて、検証や経験が不完全でただの誇張表現ばかりの信頼性に乏しいサイトとします。

他方のサイトは、腰痛が起こる原因からそれを完治させるために必要なプロセスなど「ここまで細かく教えてくれるんだ!」と感じれるくらいに論理的な文章で構成されていて、医学的にも信頼できるもので読んでいれば、いかにこの筆者が知識/経験を積んできたかが分かります。

 

このケースで、どちらがより多くの客を獲得できるかは聞くまでも無いでしょう。

 

あなたの会社が、金儲けに走っていたり、顕在ニーズを満たすだけの記事を書いていたとしたら、すぐに考えを改めた方が良いでしょう。

短期的な利益を獲得できたとしても、長期目線で観ると決して長続きしないことが予想できるからです。

 

 


質の高いコンテンツはどう作れば良いのか

 

それでは、質の高いコンテンツはどのようにして作ればよいのでしょうか?

順番に方法/プロセスを解説していきます。

 

①:コンテンツの各段階のレベルについて


「読者のライフステージを上げる」ためのコンテンツには、各段階のレベル分けができます。

下記の表を見て、それぞれのコンテンツについて理解してください。

 

  良質なコンテンツ 優れているコンテンツ 世の中を変えるコンテンツ
完成までの期間 2~3ヶ月の短期 数年単位 10~20年の長期
本質部分 潜在ニーズを満たす 人々や社会への影響 世の中のライフスタイルを変えるレベルの力
作者の視点 ユーザーへの価値提供 人類への価値提供 世の中そのものへの価値提供
コンテンツの中身 既存からの発展 日常のライフスタイルを変える 社会的に大きく変容する
コンテンツがもたらす良い影響 良い 優れている 最高に優れている
作るきっかけ ビジネスレベルを上げる、ビジネスを成長させるため 自分の成果物を社会に活かす 問題解決
思考 ニーズをくみ取る 人々 破壊的イノベーション
具体例 ノイズキャンセリングのイヤホン ・wikipedia
・Youtube

・PC
・Google

 

2-1-1 良質なコンテンツは潜在ニーズが元になっている


良質なコンテンツは、ユーザーの潜在ニーズを満足させることができます。

さきほどの表にあった顕在ニーズと潜在ニーズに関する定義を再度提示します。

 

  定義
顕在ニーズ その分野に関しての、知識/経験が乏しい初心者の人間が持っている願望。 FXとかで、短期間のうちにお金を稼ぎたい
潜在ニーズ その分野で出来うる限りの努力や経験を積んでおり、すでに相当な知識を持っている人のニーズ。 コンテンツSEOを駆使して、月10万PVくらいを叩き出すサイトの作り方を知りたい

顕在ニーズに応えても良い解決に繋がらないのは、さきほど説明した通りです。

 

一方、潜在ニーズに応えるコンテンツは根本的な解決策に繋がりやすい。

例えば、既に相当な知識と経験を持っているWebマーケティングの担当者がSEO対策や正しいライティングを駆使しているような場合に、さらにそれを上回るほどの適切に検証された理論に基づくSEO対策やWebライティング術を教えることは、かなり有益なものになりますし、業界的にも良い影響をもたらすでしょう。

 

このように潜在ニーズにストレートに応えるようなコンテンツは既存の理論/商品などを発展させ、読み手のライフステージを一段階上げることができるのです。

 

質の高いコンテンツは、年齢に左右されず、ある分野において研鑽を積んできて、誰かの役に立つような知識/経験を持った人で、さらに潜在ニーズと顕在ニーズを明確に区別することができるのなら誰でも作れるようにはなります。

 

それだけを注意しておけば、数ヶ月足らずでマーケティングの成功は手に入れられるでしょう。

 

 

2-1-2 優れているコンテンツや世の中を変えるコンテンツはニーズからは生まれません

 

質の高いコンテンツは、日々トレーニングを積んでおけば誰でも作ることができるようになります。


ですが、周りが質の高いコンテンツで溢れてくるようになると、もう一段階上のレベルのコンテンツを作らなくてはいけません。

 

それが、優れているコンテンツや世の中を変えるコンテンツです。

 

これらのコンテンツは、自分のビジネスの利益を上げるための短期的な目的などではなく、人々や社会にとって、大きな価値を提供できるようなものを目標として作られることが言えます。

 

例えば、Youtubeが誕生するきっかけは「みんなで簡単にビデオ映像を共有できたら楽しい時間も共有できるだろう...」という事がきっかけとなり世に誕生しました。

 

革新的なプラットフォームを提供するGoogleは、ラリー・ペイジとセルゲイ・プリンの「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」という非常に規模の大きい思想の元に生まれたのです。

この思想は、この当時にこのようなアイディアに行き着くのは、この2人を除いて他にいなかったのでは無いでしょうか?

 

上記のような企業が生み出した、世の中に革新的な新しい何かを提供することで、それが勝手に人から人へと伝わっていき、広まっていくものこそ、本来のコンテンツマーケティングのあるべき姿なのです。

 

こういった優れたコンテンツがあらゆる企業が生み出せるようになれば、社会はより良いものへと変容していくのでは無いでしょうか?

 




②:質の高いコンテンツから作るという事


将来的に、優れたコンテンツや世の中を変えるコンテンツを生み出せるようになって、人々や社会にとって無くてはならない存在になるために、まずは質の高いコンテンツを作る意識を持ちましょう。

 

質の高いコンテンツを作ることに本気になれば、数か月~1年くらいでマーケティングは大きく改善することができます。

 

質の高いコンテンツを作るように意識すれば、人々の潜在ニーズに応えるために必要なモノが何なのか手に取るように分かるようになります。

そうなれば、商品やサービスは必然的に良いモノを作らなければという意識が芽生えてきます。

その好循環がコンテンツがより良いモノになるたび、会社の商品/サービスは改善され、会社の価値向上/利益の増大といったことに繋がっていくのです。

 

 

 


質の高いコンテンツを作るためのアドバイス



最後に、これからコンテンツ作成に取り組んでいく人に、有益なアドバイスを提供します。

 

①:人に価値を提供することで得られる対価

 

あなたが質の高いコンテンツを作れば、作った分だけ周りからの反響が出てくるようになります。

Twitterなどで、トップブロガーの方たちがたくさんの感謝のリプライをフォロワーの人たちから貰っていることからも分かるように、自分の作品が他者の人生に良い影響を及ぼすことでそういった声が出てくるようになるのです。

 

こういった、読者の声が聞こえてくるようになると、自分の仕事に対する意識が変わってきます。

もっと良いコンテンツを作って、もっと多くの反響を得たいと思うようになるからです。

モチベーションが上がれば上がるほど、質の高いコンテンツは自然と生み出せるようになるでしょう。

 

その結果、圧倒的なアクセスや高いコンバージョン率を獲得できるようになります。

 

あなた自身がこういったビジネスの良いサイクルを経験して、より大きな価値を創り出していきたいのであれば、一番に考えることはユーザーファーストの目線です。

 

「このコンテンツは読者のライフステージを本当に上げることができるのか?」


と自問自答しながら、常に挑戦し続けてください。


このような視点で提供するコンテンツは、アクセスやコンバージョンを思いのまま獲得し、仕事への情熱がより強くなっていくことになると思います。

 


②:真のプロフェッショナルを目指すということ

 


読者のライフステージを上げるほどのコンテンツを作るには、あなた自身はその分野において本物のプロフェッショナルである必要があります。

 

真のプロフェッショナルになるには、多くの経験、挫折、困難な事を乗り越えていかなければなりません。

それは一朝一夕でなれるものではなく、毎日の研鑽で自分を成長させ続けなければなりません。

 


ブログの記事を100本、200本と書いていきどんな記事が失敗作でどんな記事がより多くのアクセスを獲得できたのか?

そういった仮説⇒検証⇒改善を繰り返して、初めて真のプロフェッショナルの領域に達するのです。

 

反対に、偽物のプロフェッショナルは、経験や知識も乏しく、楽して儲けようとする思考なため長期的な意味での成功は獲得できません。

 

「これだけで、簡単に痩せられるダイエット!」などはその類です。

そういった、宣伝文句に騙されて楽して成功を手に入れようとユーザーが試してみても、短期間のうちにかえってより悪い状態になることの方が多いです。

 

本当のプロフェッショナルであれば、食生活や運動が唯一のダイエット手法であり、理想な身体を手に入れるには大変な努力が必要なことを伝えます。

 

もしこれから、ビジネスを大きくしていくコンテンツを作りたいのであれば、あなた自身はその道のプロフェッショナルになる努力をしていく必要があります。


そのためには、金銭的な利益よりも、自分の熱い情熱でコンテンツ作成に取り組んでいかなければならないのです。

 

そういった情熱を持っている方であれば、数ヶ月程度で想像ができないような大きな成果が出せるでしょう。

 

 

➂:大きな野望を持つ



あなたが作るコンテンツの内容は、最初にどれほどの野望を抱くかにより左右されていきます。

 

例えば、Web業界に特化した転職サイトを運営しようと考えます。

転職サイトを立ち上げるのであれば、「より多くの求人数を載せて、より多くの会員数に増やしていきたい」と考えるでしょう。

この視点だと、コンテンツも単に求人企業の紹介だけにとどまってしまいます。


そのサイトは、サイトに対して熱い情熱があるわけでもないので、何となく就職するために登録してくるようなユーザーで溢れかえってしまいます。

求人企業もできるだけ多く掲載することに力が注がれるので、質の担保が難しくなりありふれた世に出回っている何の特異性もない転職サイトが出来上がってしまうのです。

 

そんなサイトはすぐに廃れてしまいます。

 

本当に価値あるサイトとは、その業界において情熱を抱きながら仕事をしているプロフェッショナル達が自身の成長のために、夢中になるくらい読みたくなるような情報やノウハウが詰め込められているサイトなのです。

 

そんなサイトが実現すれば、業界の本物たちが集まってくるようになり、本当に熱意のある働きたい人と熱意のある人間を募集する企業とのミスマッチが起こらないような素晴らしいサイトに仕上がります。

 

あなたがどんな野望でコンテンツ作成に取り組むかで、最終的に出来上がるコンテンツの質は変わってくるのです。

 



 

まとめ


読者に提示する商品やサービスはコンテンツです。

そのために、人に価値を届けることを存在意義とするコンテンツマーケティングにおいては、商品やサービスも良いものでなければ成功するのは難しいです。

 

マーケティングは、人や社会に価値を届けることそのものであり、コンテンツマーケティングはそれらを実現するためのものなのです。

 

一番大切なことは、「How to sell(どう売るか?)」ではなく、「What can I do for you(どれだけ素晴らしいモノを世の中に提供できるか?)」なのです。

 

与えられる価値が大きくなればなるほどに、リターンもそれなりのモノが返ってくるでしょう。

 

Follow me!

-ブログ

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5