英語学習

TOEICって役に立つの?

こんにちは、皆さんTAKAです。

本日はTOEICは実際に役に立つのか、話していきたいと思います。

まず結論から申し上げますと、かなり役に立ちます
それは実践でも、就職や何かの試験の時でもあらゆる状況で役に立ちます。

 

では一体どういったシチュエーションで役に立つのかといいますと、実際に日本人が外国人と話す際大体の基礎的な会話が出来るようにTOEICは作られています。

例えば、リスニング問題ではレストランでの注文時や空港でのアナウンスから、ラジオでの天気予報、交通情報などといった日常シーンのあらゆる状況を意識してテストが作られています。

 

またビジネスシーンでの同僚の昇進祝いや、役員の就任、ミーティングでの会話などビジネスマンでもすぐに使えるような英語がふんだんに盛り込まれています。

たかがペーパーテストと侮れません、帰国子女はもちろんネイティブや本当に英語が堪能な日本人などは皆がしっかりとTOEICで900点後半のスコアを普通に叩き出してきます。

 

逆にTOEIC程度で高得点取れないと、ネイティブとの会話で相当に苦労するはずです。僕自身は900点後半のスコアはまだ出せていないのですが、やはり仕事で今の英語力だと苦労する時が多々あります。

TOEICは語彙力、文法、リスニング、長文読解などの力が無いとスコアが出ないようになっています。

 

900点を超えてくれば、間違いなく周りの人とは違う、レベルの高い仕事も出来るようになり、観えてくる世界はまるで変わってきます。

まず周りの人からも一目置かれますし、何より付き合う人種も高度な知性を持った人たちと仕事が出来るようになるでしょう。

商社で働く私は、英語を使う際にやり取りする相手は、かなり高い教養、知性を兼ね備えている人ばかりです。

 

レベルの高さにキャパオーバーする時もありますが、なんといってもやりがいがありますので仕事の内容もとてもエキサイティングだったりします。

では皆さん今日はこの辺で、see you nex time.

Follow me!

-英語学習

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5