自己成長、一般教養など

帰国子女、インターナショナルスクール育ち VS ネイティブ

こんにちは、TAKAです。

今日はぼくが今まで出会ってきたインターナショナルスクール育ちの日本人について、書いていきたいと思います。

インターナショナルスクール育ちや帰国子女の方々で英語で教育を受けてきた日本人は、はっきり言って最高レベルに恵まれてる人々だと思います。

 

漢字が苦手だったり、日本語がおかしかったりする事もあるかもしれませんが、英語がネイティブ級に出来るという事はそれを補って余りある程のアドバンテージがあるかと思います。

仮に日本語力不足でガチガチの日本文化に重きを置く日系企業で働けなかったとしても、世界中に英語出来ればOKの企業は山のようにあります。

 

英語が出来るという事は自分の人生の選択肢が間違いなく、何倍も増えます。日本語はこの島国日本で孤立しているからこそ、その強みを遺憾なく発揮しますが、海外に出た時とても弱い立場になってしまいます。

僕自身も日本の商社で外国人と仕事をする時、どんなに大きなクレームが起きても日本人のカスタマーは欧米人に対してあまり強く出る事が無く、明らかに下の立場にいるように感じます。

 

英語ネイティブの外国人に対しては、やはり日本に限らず非ネイティブのアジア人は引け目を感じている印象を仕事を通して受けます。

英語という言語をネイティブ級に話す人物と話せない人間が会話をすると、話せないのがいけないような錯覚さえ感じてしまうのは、やはり学校で英語が必須科目だったからではないでしょうか?

また英語を勉強してきた日本人として、算数や国語が苦手だと他人に知られることが恥ずかしいと思うのと同じように、英語を出来ない事は恥であるという間違った固定観念みたいなものが植え付けられているのではないか?

とそんな風に僕は感じます。

 

外国人と話す時確かに英語が上手く理解できない場合、申し訳なく思う事も多々あります

我々日本人がこう感じるというのは、それだけ小さい時から英語の重要性を頭に叩き込まれているからなのでは? と思います。

では皆さん今日はこの辺で、see you next time.

Follow me!

-自己成長、一般教養など

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5