情報

商社マンってぶっちゃけモテるの??【外資金融、外資コンサルとの比較】

商社に就職したいんだけどぶっちゃけ商社マンってモテるの?

「商社に就職したいけど、商社の人ってモテるって聞くけど実際のところどうなの? 外資金融とか外資コンサルとかの方がモテそう... モテる業界に行きたいな」

 

こんなお悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

・商社マンってモテるの?

・外資金融、外資コンサルと比較してモテる?

・商社マンに対しての世間からの辛口評価

 

この記事の信頼性

この記事を書いている私は、商社で営業をしておりこの業界の内情については普通の人よりかは詳しいのかなと思います。

世間一般からの視点では商社マンはやはり、世界を舞台に活躍しておりグローバルでかっこいいイメージがあるかもしれませんが、実際のところはたぶんかなりギャップもあるかとも思います。

商社とは基本泥臭いことの繰り返しです。

理不尽な客からの要求に対して、頭を下げ続けて売上の為なら歯を食いしばるストレス耐性がなければ務まりません。

そんな商社の本当の実情についても考察していければと思います。

商社マンってモテるの?

 

商社マンって合コンとかでモテるって言うけど実際のところどうなの?

結論から言うと、商社マンはモテるかもしれませんがダントツにモテるわけではないです。

 

基本商社マンの人たちって、良い大学を出て、社交的でコミュニケーション力が高く、スポーツも得意な人が多いです。

文武両道という言葉が当てはまるのかなと思いますが、商社で最も求められる要素って人間力だと思いますので、この能力をどう受け取るかって個人の価値観にも寄るのかなと考えます。

なぜなら、商社マンのような活動的なエネルギッシュな人を必ずしも重要視するかは、人によってバラバラですし誰とでも打ち解けるのが得意な人は保守的な女性からは警戒されることもあるからです。

商社マンは決して、何かの領域を極めるようなインテリタイプではありません。

広く浅く対応できるような万能プレイヤーであることが多く、学者レベルの頭の良さの人はあまりいないと思われます。

こういった万能プレイヤー型は、合コンなどのワイワイ酒が絡む場では盛り上がるのでウケはいいかもしれませんが、私が女性の立場であるならまず商社マンを自分のパートナーには選ばないかなと思います笑

商社への転職を一発で成功させる方法【転職未経験でもOK】

 

誰とでも打ち解けることが得意な人は、基本女性関係も派手なことが多いので、女性がらみのトラブルが多いことが予想できます。

ただし、同じく派手な業界のCAやモデルからの評価は一般に観て高いことがいえるでしょう。

外資金融、外資コンサルと比較してモテる?

 

商社マンは外資金融や外資コンサルと比較すると、モテるかどうかと言われたら正直ハイスペック女子をターゲットにするのであれば厳しいかもしれません。

ハイスペック女子は基本、容姿端麗、高学歴、高収入、高身長であり、求める男性像としては同じく容姿端麗、高学歴、高身長、高収入の男性であります。

 

ですがこのスペックが仮に揃っていたとしても、商社マンには外資金融や外資コンサルの知能レベルまでは及ばないことが多いため、相見積もりに掛けられればまず勝ち目は無いでしょう。

外資金融、外資コンサルの人たちの特徴としては、民間企業の頂点に君臨するエリート精鋭部隊です。

東大、京大、慶應以上の学歴が最低ラインで、その中でもトップクラスに頭の切れる人たちでないと外資は実力主義の世界なので務まりません。

彼らは結果が残せないのであれば、会社には居づらくなりますし、日系のように終身雇用などという考えは定着していないのでドライな実利主義でないとダメ

なのです。

東大、京大の出身者はなぜ外資系金融/コンサル、で活躍出来るのか?

 

そういった常に上昇志向が求められる厳しいエリート揃いの中で、生き残っていくサバイバル能力の高いハイスぺ男子がモテないはずがないのです。

あの石原さとみの結婚相手は東大卒で外資金融トップのゴールドマン・サックスに勤める男性であり、石原さとみ自身が彼のテレワーク中の部下とのやり取りで「歴史上の人物の発言を参考に」部下に分かりやすく仕事を教えていた姿がとても惹かれたようで、その男性のスペックの高さが伺えるかと思います。

 

日本のトップクラスの女優を落としたのも、外資金融トップの東大卒だったからというのは頷けるでしょう。

基本東大で外資金融という事は、学力が高くかつ社会で戦うための知能レベルが高いので、婚活市場では最上位ランクの男性として位置するのではないでしょうか。

ゴールドマンサックス、モルガンスタンレー、マッキンゼー、ボストンコンサルティングといった横文字の社名は世間では最高レベルの社会的地位を手にすることができるでしょう。

そういったトップクラスのエリートたちにはさすがの商社マンも太刀打ちできないです。

なので超絶ハイスペック女子を狙うのならば、外資に行くのがお勧めですが、

ほどほどのハイスぺ女子であれば、商社マンでも問題なく戦いに挑めるでしょう。

商社マンに対しての世間からの辛口評価

 

商社マンって実際には派手に遊んでるから、真剣なパートナーとしては不向きなんじゃないの?

こんな声もあるかもしれませんが、遊んでいる方は外資や、商社に限らず遊んでいるでしょうし合コン三昧なんていう人も中にはいるでしょう。

ただ比較的商社マンの中でも趣味が芸術鑑賞だったり、自己研鑽だったり落ち着いた人もいますので、そういった真面目な人を見つければ良いのではないでしょうか?

 

本当に人を観察することに長けている猜疑心の強い女性などには、たぶん商社マンという肩書はもしかしら足枷になることがあるかもしれません。

ですが、自分の行動や発言を第三者の視点で考えれば、どういった振る舞いが一番好印象を与えれるのかは自ずと明らかになるのではないかと思います。

 

商社マンをしていてこんなことを言うのもおかしいかもしれませんが、商社の人ってかなりアナログな考え方の人が多い印象を受けます。

言葉より自分の身体を動かすことを最優先に考えており、どちらかというと仕事は根性論や気合で乗り切ることも多いです。

商社に体育会のラグビー部やアメフト部出身者が多いのもそういった理由ではないでしょうか?

外資金融やコンサルにガチムチのキン肉マンはあまりいないでしょうし、やはり体力のあるスポーツ経験者が多いイメージです。

 

もちろん帰国子女や語学堪能な人は商社では優遇され、比較的採用されやすいでしょうし、自分のバックグラウンドが活かしやすい環境でもあると思います。

ただ帰国子女や語学重視の方は、あまり学問に打ち込んでいる人は聞いたことがないので会社の中で中枢のブレインとなれるかは別の話です。

商社マンが考える、テレワークでも生き残る転職先のお勧め業界と職種は!?

 

さてここまで話してきて、商社の人物像が少しはイメージできたでしょうか?

商社マンは基本人当たりが良く、知能より、行動力が求められエネルギッシュな人間が相応しいと考えることができます。

私が商社で働いてきて、みな仕事が好きな人が多いと思いますし、チームで団結して戦おうというまとまりもあるかと思います。

とにかく泥臭い営業でもへこたれない精神力、無類のタフネス、鋼のハートを持っているのであれば商社向きと言えるのでそんな方はぜひ挑戦してみると良いでしょう。

 

商社の仕事を通して、得られるのは本当に人間力だと思います。

人間力とはその人の魅力もなければ成り立ちませんので、この能力を極めるにはたくさんの人に出会ってより多くの価値観を受け止められる広い器が必要なのかなと思います。

 

Follow me!

-情報

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5