英語学習

あなたはアメリカのマクドナルドで注文できるか!?

こんにちは皆さんTAKAです。本日は私がNYに留学した際に初めてマクドナルドで注文した経験について書いていきたいと思います。

留学当初はほぼ英語力は皆無でした。

アメリカのマクドナルドで日本人のカタカナ英語を使うととてもまずい事が起こります。笑

ある程度英語が出来ないと、マックの注文さえ緊張してしまいます。

 

目次

1.  アメリカのネイティブにはカタカナ英語は通じない!?

2.  NYで出来た外国人の友人、発音改善の道

3.  日本人がネイティブと同じ発音が出来ない理由とは!?

4.  英語ネイティブの音の発生源とは!?

 

1. アメリカのネイティブにはカタカナ英語は通じない!?

 

私がNYに留学して、最初の一か月の時にマクドナルドで初めて注文した時の事です。

私はビックマックのセットを頼んだのですが、何故かドリンクのスプライトが二つ出てきました。笑

私のカタカナ英語では、ネイティブの店員に全く英語が通じなかったようです。アメリカのハンバーガーセットはそれぞれに番号が付いていて、番号を使ってオーダーする事が多いです。

アメリカのマックで注文する時の、正しい英語表現としては

(Can I get a number 4 combo with a large coke and medium fries, please??)

「こんにちは、4番のセットとLサイズのコーラとMサイズのフライドポテトを下さい。」

日本ではあまり馴染みのない、注文方法ですね。

他にも、

(I'd like two number 3 meal and a number 6 meal, please.)

「3番のセットを二つと、6番のセットを下さい。」

こういった頼み方を覚えておくと便利です。

またアメリカの店員は、とてもフレンドリーです。初対面でもガンガン自分の意見をぶつけてきますので、初めてアメリカに行く人はびっくりすると思います。

でもだんだん慣れてきますので、大丈夫です。

 

2.  NYで出来た外国人の友人、発音改善の道

 

私はマクドナルドでの失敗経験を踏まえて、NYでは徹底的に発音を改善する事に決めました。

まずは語学学校で J Wangという、韓国人の友人を作り、常に学校生活や日常でつるむようになりました。

その J Wangからは、いつも自分の発音が間違っていると指摘を受け、何度も何度もネイティブの発音を真似して改善する日々でした。

私が思うに語学学校のプロフェッショナルの先生でも、何故日本人がネイティブのように、発音できないのか理解不明である印象を受けました。

理解不明な状態で、いくら発音を教えても絶対に上達はしないと思います。

なので、何故日本人がネイティブと同じ発音が出来ないのか、まずは原因を突き詰める必要があります。

 

3.日本人がネイティブと同じ発音が出来ない理由とは!?

 

我々日本人や韓国人、中国人などのアジア系の人たちは言葉を発生する際に、

主に口の筋肉を集中的に使い、フラットな言語の音を発生するように体の構造が出来上がっています。

一度完全に日本語の言語を習得してしまった日本人は、日本語の音に慣れるのと同時に、日本語の音しか発声できないような発音の癖が付いてしまっています。

なのでネイティブのような英語が発音出来ないのは、当たり前なのです。

私がこの感覚に気付き始めたのは、Youtubeで河北麻友子さんが話していたネイティブ英語からヒントを得ました。

彼女は生まれも育ちもNYで、英語は完全なネイティブです。

見た目は日本人でも、なぜこんなにカタカナ英語の自分と発音が違うのか?

彼女の発声方法を良く観察してみると、明らかに音を発生する場所が日本人の私と違いました。

 

4. 英語ネイティブの音の発生源とは!?

 

私が発見した、英語ネイティブの音の発生源は実は、人間の喉の奥でした。

喉発音というモノがありますが、この喉発音はネイティブは全員が完璧に出来ています。

どちらかというと、犬の唸り声に近いような感じでしょうか。欧米の言語はこの発声方法は主流で、喉発音のおかげで奥行きのある立体的な英語発音が可能となります。

正直、この喉発音を習得しようと思ったら3年とか普通に時間を要します。
それほど、この発音方法を身に付けるのは難しいことです。

ですが一度身に付ければ、一生の武器になりナチュラルなスピーキングが出来て、ネイティブと円滑なコミュニケーションが取れるようになります。

私はNYで、カタカナ英語しか話せなかった時に良く外国人の友達にTAKAの英語は聞き取りづらいと言われていました。

しかし、この喉発音を習得した今では日本人とは思われなくなるようになりました。

英語学習者の人には、是非この発声方法をトライしてみて欲しいです。

 

Follow me!

-英語学習

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5