英語学習

あなたの英語力はどのくらいか?

こんにちは皆さんTAKAです、本日は一体英語力ってどのようなレベルで分かれているのか、説明していきたいと思います。

 

 

今実際に英語を学習されている方には、気になるトピックなのかなと思いました。

 

目次

1.  英語力はTOEICと英検を用いると分かりやすい。

2.  一般に英語が出来る人はTOEIC 700点くらい?

3.  TOEIC 900点以上、英検1級

4.  TOEIC 990点以上、TOEFL IBT 110~、IELTS 8.0~

 

1.  英語力はTOEICと英検を用いると分かりやすい。

英語力はビジネス英語を主とするTOEIC試験か、一般教養を主とする英検などを参考にすると分かりやすいかと思います。

私の通っていましたMARCHの大学で受験を終えたばかりの新入生達が、大学で受けさせられるTOEIC試験では、大体平均で400~500点くらいかと思います。

MARCHクラスで大体そのくらいのスコアです。

TOEIC500だと、簡単な日常英会話をかろうじて意思疎通出来るくらいかと思います。英検でいうと、2級くらいでしょうか。

 

2.  一般に英語が出来る人はTOEIC 700点くらい?

私の感覚でいくとTOEIC 700あれば、世間的に見たらかなりの英語力があると判断できます。英検でいうと準1級くらいでしょうか。

このスコアを出せる人であれば日本の難関大学の英語受験は割と普通に受かるかと思います。

このくらいのスコアがあると、日常会話は大体分かりますし、鍛え方次第で既にスピーキング力も付いていると思います。

普通に英語中級者レベルでしょう。

 

 

3.  TOEIC 900点以上、英検1級

このクラスになってくると、海外の大学に留学や、外資系企業に就職するといった選択肢が出てきます。

しっかりとトレーニングを積めば、通訳も普通に出来る程のスピーキング力もあるでしょう。

日本の企業に勤めていたら、TOEIC 900あれば海外の仕事の案件は大体こなせると思います。

普通に英語上級者レベルです。

 

4.  TOEIC 990点、TOEFL IBT 110~、IELTS 8.0~

TOEIC、TOEFL、IELTS、この三つの英語試験で上記のようなスコアを出せるならば、海外の超一流大学や外資系のトップの企業、外国のエリート達とも問題無く会話出来るレベルにあると思います。

正直日本人でここまでのスコアを出せる人は中々いないですが、ここまで極めてしまったら将来的には世界を相手に大きな舞台で活躍出来るレベルにあります。

英語のプロと呼んでいいと思います。

Follow me!

-英語学習

PAGE TOP

© 2021 Taka blog Powered by AFFINGER5