なぜ日本人には英語が必要なのか?

こんにちは、皆さんTAKAです。

本日はなぜ我々日本人には英語が必要なのか?について、書いていきたいと思います。

 

この島国ニッポンにおいて、なぜこんなにも英語教育に重点を置かれ、小中高と英語を勉強し続けなければならないのか? 疑問に思いませんか。

 

僕自身なにげなく英語を勉強している日々ですが、ふとたまに何で日本人なのにこんなに英語学習をするのだろうと考える時があります。

 

大学受験では文系の最重要科目の一つに位置付けられ、理系の入試科目でもやはり英語が必須なところが一般的です。

文系の世界では、世界的に評価の高い論文などは大抵英語ですし、理系の論文はほとんどが英語ではないでしょうか? ※日本語の論文だと日本人しか読めない為、学術的に価値があるか問われると判断が難しいのでしょう。

 

教育の世界ではこのように英語が使われることが一般的ですが、果たして社会に出たときに役に立つのでしょうか?

ぼく個人の意見としては、自分の職場環境、仕事内容によっては役に立つが、日本企業の場合そこまで英語力が無くてもほとんどの仕事がこなせてしまうというのが現状ではないでしょうか?

 

そもそも英語を使える環境が日本の社会では少なすぎるような気がします。

日本語だけで経済が成り立ってしまう、この恵まれた日本国家の恩恵もあり英語の必要性は一部を除いて、そう高くは無いと思います。

ただ逆にこの状況を逆手にとって、英語力を身に付ければ周りの人間との差別化を図ることも出来るようになります。

 

絶対的に英語を話せる人間のほうが少ないので、英語ができれば自分自身に市場価値が生まれます。

 

英語ができる人間は一生食っていけます。

語学や塾の講師、留学カウンセラー、商社マン、通訳、翻訳家、ツアーガイドなど英語をメインで必要とする職種をはじめ、高い専門スキル+英語力があればこの社会において自分自身にとてつもない需要が生まれます。

※高校時代、万年赤点だったぼくはこの英語力のおかげで、商社に就職することが出来ました。

多くの人が英語の可能性についてあまり深く考えていないかもしれませんが、

英語とは無限に自分の可能性を高めてくれる特殊能力でもあるのです。

では皆さん今日はこの辺で see you next time.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です