日本は英語力さえあれば何とかなる

こんにちは、皆さんTAKAです。

今日はタイトル通り、日本は英語力があれば何とかなるという事について書いていきたいと思います。

何で日本では英語力があると、何とかなるのか? ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、日本社会において英語力は特殊能力だと思います。

どんなに難関な大学に行って受験英語を突破しても、やはり英語を流暢に話すとなると全くの別のスキルが要求されるでしょう。

そのスキルとは一体何なのか? まず一つに英語の音を的確に拾えるヒアリング能力が絶対に必要です。

日本人向けに作られた受験英語のリスニング問題や、市販のリスニングテープなどはハッキリ言って音が綺麗過ぎますし、とてもゆっくりです。

ネイティブはあんなに綺麗に発音してくれる人はかなり少数だと思いますし、スピードも生の英語はとても速いです。

市販のCDなどで鍛えようと思っても、あまり役に立たない事が多いです。

基本の力は付きますが、現地で英語を話す機会があれば全然基本レベルで付いていく事は厳しいと感じると思います。

語学学校の先生とかなら話は別ですが、一般にネイティブスピーカーは我々外国人にゆっくり話してくれることはあまり無いでしょう。

僕自身NYに留学していた時、ニューヨーカーの英会話スピードに付いていくのは至難の業でした。

そしてヒアリング以外にも、自分の言葉で話すスピーキング能力は本当に身に付けるのが難しいと思います。

そもそも日本語と言語が違いすぎて、英語を話せなくて当たり前のことだと認識しなければいけません

英語を話す力というのは、想像以上に色んなハードルを乗り越えなければいけませんし、途方もないくらいの努力が必要です。

僕自身何度も外国人と話す機会を設け、常に英語のシャワーを浴び続け、英語で物事を考えるようにし、瞬時にスラスラと言えるように何度も音読したり、ネイティブの真似をしたりもしました。

その結果、今では通訳無しでもビジネス英語が通用するようになり、仕事では仕入れ先の外国人と日本人のお客さんの間に入って通訳を出来るようになりました

では皆さん今日はこの辺で、see you next time.

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です