ライティングのスキルを磨くには?【商社の営業マンが伝授する】

 

ライティングのスキルを磨きたい人

「ライティングのスキルを向上させたいけど、何からやっていいのか分からない。勉強法とか、ライティング技術を上げるためのコツって何かあるの?」

 

こんなお悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

・ライティングのスキルを向上させる秘訣

・ライティングはコピーライティングで勉強しよう

・ライティングは最強のスキルである

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、商社で営業として働いております。

日ごろの営業活動の中で、ビジネスメールやセールスライティングなどをする事が多い為、

文章を書くことは割と得意なのかなと思います。

 

もちろん、メールの文章だけでモノを買ってもらったりもしますので、例えばあなたがどうしたら売れる文章が書けるようになるだろうとか、ライティングのコツなどを学びたい場合はかなりこの記事が有益になるはずです。

 

では早速本題に入りたいと思います。

 

ライティングのスキルを向上させる秘訣

ライティングのスキルは一長一短には身に付きません。

例えば、セールスライティングを身につけようと考えた場合、ありとあらゆる複合的な知識が必要になります。

例えば、下記のようなものです。

マーケティングスキル×心理学×推理力×人心掌握術×論理的思考力

 

これらの能力は、商社の営業をやっていると割と身に付いてきます。

マーケティングスキル

マーケティングスキルは、文章の中であなたが何か訴求したいモノがある時、そのモノが市場の中でどのような位置付けにありかつどういった戦術を用いれば上手く販売できるのか考える時に必要になります。

マーケティングはビジネスの根源に関わる部分なので、この能力を鍛えると大きな富を作れるようにもなります。

 

心理学

対人に向けて、文章を書く場合まずは書いた言葉で相手の心をどのように揺さぶれるかという所が心理学の分野でもあります。

こういった言葉を使えば、相手はこう思うだろう、こういった印象を受けるだろうという事をイメージするのです。

何かモノを売る場合に、相手を消費行動に駆り立てる事ができる言葉を常に選びましょう。

言葉に魂が宿り、熱意があり、本当にその人の為になるような価値あるものならば、自然と心を動かせるようになるはずです。

ビジネスにおいては、「いかに心を動かす事ができるかが売上向上の最大の肝」になります。

 

 

推理力

文章を書く際には、常に読む側の思考回路を推理するようにしましょう。

これは中々難しいことですが、これを書いたら、この人はこう考えこういう行動に出るだろうと常に推理することです。

推理力とは、自分の頭の中で仮説を立てそれがどう展開していくか思考していく事を意味します。

例えば、今なら一週間限定の50%OFFなどと売り込み文句を入れれば、読んでいる側は焦って購買行動に移るだろうと推測することなどです。

 

人心掌握術

これもビジネスシーンの特に、デキる営業マンが身に付けている術ですが、こういう言葉でなら相手は動いてくれるだろうと相手の心を掴むスキルになります。

私は、営業の仕事の時に仕入れ先などに無理なお願いをする時によく、漫画 鬼滅の刃で出てくるセリフを使ったりします。

「手前勝手な頼みとは承知しておりますが、何卒ご容赦お願い申し上げます。」

これは相手に難しい要求を飲んで貰うときに、とても有効な表現方法になります。

是非、ビジネスでサラっと使えるようになってみて下さい。

魔法のように自分の要求を飲んで貰うことができます。

 

論理的思考力

ライティングスキルを手っ取り早く向上させようと思ったら、間違いなく必要になってくるのが論理的思考力です。

文章を書く際に、例えば、

“歴史とは人間を学ぶ学問である、なぜなら全て過去の歴史は人間が行ってきた行動の積み重ねだからである。”

この結論ファーストから、切り口を考えなぜその結論に至るのか明確な理由/証拠を考え導き出すのが論理的思考になるからです。

こういった論理的思考の文章が書けるようになると、途端に説得力のある文章が書けるようになります。

 

ライティングはコピーライティングで勉強しよう

ライティングスキルを向上させる場合に、最も良い方法がコピーライティングの文章を参考にする事です。

コピーライティングとは

“文章や言葉だけで、人を購買行動に駆り立てる技術” のことを言います。

広告やチラシの宣伝文句、テレビCMなどの謳い文句は全てコピーライティングの技術を用いています。

 

私が、仮に池上彰さんの書籍をコピーライティングの技術を用いて販売するとしたら下記のようになります。

 

皆さんにメールでお知らせしているのは他でもありません、今の世の中の学生、社会人にとって最強の武器になる本 “池上彰の教養のススメ” のご紹介のためです。

 

先行きの見えない将来は、多くの会社員の方々にも不安が募るのではないでしょうか?

いつ自分の会社が、無くなるかは誰にも分かりませんし、また景気不況で人件費削減なんてことでもあれば、いつクビになるのか怯える毎日です。

 

そんな中で、今回の”池上彰の教養のススメ”は現代を生きる人にとって最強の武器になると思います。

この本の中で、紹介するのは一般教養などですが、教養とは学問の基本体系すなわち、数学であったり国語、物理学、経済学、歴史学、美術、音楽、政治学、などありとあらゆる知の基本体系の事を言います。

 

それらの教養がしっかりと身に付いていないと、いきなり世界が経済不況に陥った時に、どう対処すれば良いのか分からなくなります。

経済の動向を知るには、統計学の知識が必要ですし、また自分の国の体制が大きく変革を迎えた場合にどうなっていくのかなどは歴史学などに精通していれば予測できます。

過去に起きたことは、2度3度同じことが起きるからです。

 

こういったありとあらゆる教養が身についているのと、いないのではその人自身の人生に大きな差が生じ人生の選択肢も大幅に変わってくるでしょう。

教養が身に付いていると自分の頭で考える事が出来るので、未曾有の事態に対処することができるようになります。

 

3.11の大地震の時に、福島原発が爆発事故を起こしましたがその際にニュースで流れてくる専門家たちの専門用語は一体どれほどの人が理解できたでしょうか?

専門家たちは、自分たちと世間の人たちが同じくらいの知識があると勘違いして一般のひとたちにも難しい表現を用いたのです。

専門家たちが、例えばもっと国語に対しての教養があれば、分かりやすい日本語を使えたはずです。

 

以上のように、どんあ人種であれ教養が最強の武器になる時代がやってきました。

 

今この”池上彰の教養のススメ” を1週間 期間限定の50%OFFにてご提供することができますので、今すぐにでもご注文いただけることをお待ちしております。

 

 

ライティングは最強のスキルである

 

以上述べましたように、ライティングは最強のスキルです。

特に、何かモノを売る際には、最も力を発揮する能力であることが言えます。

 

もし今あなたが何もスキルが無く、仮に誰か恋人の気持ちを動かしたいとか、営業の成績を上げたい、ブログでもっとも収益を上げたいなどと考えるならば、これほど強力なスキルは他にないでしょう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です