ブログで稼ぐ仕組みのメインは「広告」か「商品を売る」の2つ 【初心者編】

ブログで稼ぐ仕組みを知りたい人

「ブログで稼ぐ仕組みを知りたいけど、初心者の自分でも月に何十万と稼げるのかな?今の時代Youtubeとかの方が稼げるんじゃないの? 初心者の自分でもブログで稼ぐ仕組みを教えて欲しい。」

 

こんなお悩みを解決します。

 

本記事の内容

・ブログで稼ぐ仕組みは主に「広告」か「商品を売る」のどちらか

・ブログで収入を得ることのメリットとは?

・今から初心者がブログを初めても、遅くないの?

・稼げるブログの作り方【初心者編】

 

 

本記事を書いている私は、現在ブログ歴11ヶ月です。

副業でブログをやっており、本業は商社の営業です。

 

これからブログを初めて、副業収入を得たいと考えている方や、ブログ収入の仕組みについて初心者でも分かりやすく解説していきます。

 

私は本業で商社の営業をやっていますが、ブログはWebマーケティングの世界なのでぶっちゃけ、「商社のモノを売る営業」と、「ブログの広告や情報を提供する」という行為は、どちらも本質は同じ「誰かに何かを売る」という事になります。

 

この本質が理解出来ると、誰でも稼げるようになりますので、ぜひ挑戦してみてください。

では本題に入ります。

 

ブログで稼ぐ仕組みは主に「広告」か「商品を売る」かのどちらか

 

ブログで稼ぐ方法は、主に広告か商品を売るかのどちらかです。

 

ポイント①:Googleアドセンス(クリック型)

 

ブログで稼ぐ方法で、クリック型広告の「Googleアドセンス」というモノがあります。

 

これは読者が1クリックすると、数円~数百円を稼ぐことができる広告になります。

 

アドセンスのいいところは、ブログに張るだけで広告が自動的に表示され勝手に収益を生んでくれる所です。

まず「クリック型の広告=Googleアドセンス」という事を覚えておけば良いです。

 

ポイント②:アフィリエイト(成果報酬型の広告)

 

ブログで月数万~数百万稼ぐのが目標であれば、「アフィリエイト」一択です。

 

アフィリエイトは成果報酬型広告のことで、読者が広告の商品やサービスを購入する/登録することで収益が発生する広告になります。

 

アフィリエイトのメリットは、自分で好きな広告を選んで、記事内で自由に紹介出来ることです。

 

アフィリエイト商品は、Amazonの商品リンクや、U-Nextといった動画サービスなど多岐にわたり自分の記事に合わせて紹介する商品を選定できます。

 

下記はこのブログで紹介している、動画配信サービスU-NEXTのアフィリエイトリンクになります。

 

 

このような感じで、読者にU-NEXT無料体験を提供することで、紹介料のマージンが自分に入ってくる仕組みとなります。

多くのアフィリエイターは、収益の9割くらいをアフィリエイトで得ているので、本気で稼ぎたいあなたにはアフィリエイト収入をメインにしていく事をお勧めします。

 

ポイント③:商品を売る

 

ブログで稼ぐと言ったら、広告しかないんじゃないの?と思われがちですが、「商品を売る」という事もできます。

 

例えば、下記のような感じになります。

 

・メールマガジン

・有料note

・オリジナルブランドの衣服

・自作の衣類など

 

「ブログは言ってしまえばネット上の店舗」のようなモノなので、読者のニーズに沿えるのであれば何でも販売する事は可能です。

 

ブログで収入を得ることのメリットとは?

 

ポイント①:初期費用がほとんど掛からない、また運営コストが圧倒的に安い

 

ブログは、初期費用がほとんど掛からないです。また運営していく維持費もとても安い。

正直ビジネスでここまで安く済ませられるのは、Webの仕事くらいしか世の中にありません。

 

なぜなら、「サーバー代」、「ドメイン代」の二つしか掛からないからです。

掛かる費用は下記になります。

 

サーバー代:3,000円(初期費用)※初回のみ

サーバー代:500円(毎月)

ドメイン代:1,000円(年間)

 

年間で7,000円しか掛からないので、毎月600円程度しか掛からないのです。

 

どうでしょうか? これだけコストが安く済んで、月数十万~数百万を生み出せるポテンシャルを兼ね備えているとしたら、こんな割の良いビジネスは他にありません。ブログのコストパフォーマンスの良さに右に出るビジネスは他に無いのです。

例えば、飲食店の実店舗を構えて人件費なども掛かると、月に平気で500~1000万円の維持費が掛かったりします。

 

在庫も要らない、粗利100%のビジネスは世の中にブログアフィリエイトくらいしか無いのです。

 

ポイント②:ブログでWebマーケティングのスキルを習得できる

 

ブログは運営していく過程において、勝手に「Webマーケティングのスキル」が養われます。

 

なぜなら、インターネット上で記事を書きつつ、広告や商品を売るという行為はWebマーケティングの仕事内容と全く同じだからです。

 

私の友人は、本業がWebマーケティングの仕事で、ブログも運営していますが、

どちらの仕事内容もほとんど同じで、組織でやっているか個人で運営しているかの違いなだけなのです。

 

 

ポイント③:ブログ収入は一度収益が発生すると、半自動的に稼げる

 

ブログ=半労働収入であり、不労所得では無いです。

 

例えば、ブログで一度収益が発生すると、「Googleで大幅なアップデートでもない限り、いきなり売上が落ちるという事は考えにくいです。」

 

SEOと呼ばれるGoogleなどの検索エンジンから流入するアクセスは、記事の順位が落ちなければ毎月安定してアクセスを得られます。

 

ブログは不労所得では無いですが、一度軌道に乗れば、自分が寝ている状態でもお金を稼ぐ事が可能になり半ストック型ビジネスであるという事が言えます。

Youtubeなども、半ストック型のビジネスなのでどちらをやるかは好みにもよりますが、ブログで得られるWebマーケティングのスキルとライティングのスキルは、将来的には巨大なビジネスを創り出すこともできます。

 

今から初心者がブログを初めても、遅くないの?

 

結論から申し上げますと、2020年の今からでもブログで稼ぐことは容易です。

 

ポイント①:インターネットの広告ビジネスは拡大傾向にある

 

ブログのメイン収益はネット広告ですが、ネット広告の市場は常に右肩上がりの成長段階にあります。

今後将来的にネット広告が無くなる事は永久に無いと言えますので、この波に乗りブログを運営していけば稼いでいくことが可能となるのです。

 

ポイント②:集客チャネルがSNSへと移行している

 

今世の中では、twitter、Face book、InstagramなどSNSが大流行していますが、この流れで従来はSEO対策などをメインとした、Google検索エンジンからの集客が一般的なブログの集客方法でしたが、

いまではtwitterなどのSNSからの集客がSEOを上回るようになってきており、時代の流れに沿った集客戦略が必須となってきています。

ブログオワコン説など聞きますが、正直これからも時代の流れはWebビジネスが主流となってきます。

 

 

稼げるブログの作り方【初心者編】

 

「ブログを始めようと思っているんだけど、まずは何からやったらいいの?」という方の為に、初心者でも稼げるブログを立ち上げる方法を解説します。

 

オススメブログはWord Press 一択

 

まず、ブログを始めるならWord Press ブログしかありません。

 

なぜなら、

①:自由自在にデザインをカスタマイズできる

②:設定が誰でも出来る

③:成功しているブロガーのほとんどがこれを使っている

 

という理由が挙げられます。

 

これについては、Tsuzuki blogさんの

WordPress ブログの始め方を解説

 

上記を参考にして下さい。

 

まとめ:今すぐブログを始めて、収益を稼ごう

 

今回は、ブログで稼ぐ仕組みと、今から始めても全然大丈夫な件について解説しました。

 

IT全盛期の時代を生きている私たちは、この流れに乗ることで、ブログやYoutubeなどを初めて月数十万~数百万という金額を稼げます。

個人でここまでの金額を稼げる時代に生まれたことに感謝しなければなりません。

 

特にブログはWebマーケティングのスキル×ライティングスキルが同時に身に付き、それは上位互換のビジネスに移行できる能力でもあります。

上位互換のビジネスとはすなわち、会社を起こして、従業員を雇い、より大きな事業を展開できることを意味します。

 

GAFAというキーワードがITの頂点に立っていますが、そこまで登り詰めなくてもITの力を利用すればかなりのレベルまで行く事はできます。

 

是非ビジネスの第一歩としてブログをやってみてはいかかでしょうか?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です